GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2009

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
オフィスチェアー [フォスターカリノ]
事業主体名
コクヨ株式会社+コクヨファニチャー株式会社
領域/分類
仕事領域 - オフィス関連機器設備
受賞企業
コクヨ株式会社 (大阪府)
コクヨファニチャー株式会社 (大阪府)
受賞番号
09C02002
受賞概要
2009年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

透過性のあるメッシュ素材とアルミフレームを組み合わせたFOSTER CARINOは座り心地と視覚的な効果の両面からワーカーの知的生産性を向上させることを目的として開発した。タスクチェアーの基本的な機能の搭載に加えて、視覚的な部分からも効果も高めるために素材の選定や組み合わせによって質の高い空間を創り出せるように配慮。メッシュの持つ透明感/軽快感を生かしながらも、張りのある曲面とエッジを効かせたフレームのシャープな表情は空間に上質な雰囲気を提供。またカラーリングもモノトーンでシックな空間からカジュアルな空間にも、素材と配色の組み合わせて対応できるラインナップとした。

プロデューサー

コクヨ株式会社+コクヨファニチャー株式会社

デザイナー

コクヨファニチャー株式会社 デザイン室 上田 伸行、田中理子

詳細情報

http://www.kokuyo.co.jp

発売
2009年2月19日
価格

86,625 ~ 144,375円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

知的生産性を向上させるために座り心地はもちろんのこと、視覚的な部分からも効果も高めるために配慮した。煩雑になりがちなオフィスの中で、クオリティの高い空間を創り出すことでワーカーの気持ちを誘発しモチベーションを高め知的生産性を向上させる効果を狙った。

デザイナーのコメント

「上質」な空間を創り出すための視覚的な配慮として素材の組み合わせにこだわった。アルミフレームから同一面としてつながりを持って樹脂フレームへと流れる面とエッジのラインは、シャープで引き締まった表情を創り出し、オフィス空間の質を高める。また、エッジの効いたフレームの前面に張り込まれるメッシュ素材はやわらかさが強調されて、身体を優しく包み込むイメージを与える。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

オフィスワーカー

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

機能的な価値だけでなく、空間の質を高めるという視覚的な効果からもワーカーの気持ちを誘発しモチベーションを高めることで知的生産性を向上させる。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

再生素材の利用、梱包の合理化、軽量化、分別廃棄可能な設計など

その問題点に対し、どのように対応したか

製品のライフサイクル「つくる時」「はこぶ時」「つかう時」「すてる時」という4つの観点から環境負荷を低減する。

審査委員の評価

メッシュ素材の透明感・軽快感とアルミフレームのシャープな構成は、オフィス空間の視覚的な質を高めており、また視覚的質の高さを裏切らない座り心地を達成している。

担当審査委員| 平野 哲行   蓮見 孝   馬場 了   森田 昌嗣  

ページトップへ