GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2009

GOOD DESIGN|中小企業庁長官賞

受賞対象名
アルミ製台車 [ヘラクレスキューブ]
事業主体名
ジー・オー・ピー株式会社
領域/分類
仕事領域 - 産業・土木建築関連機器設備
受賞企業
ジー・オー・ピー株式会社 (東京都)
受賞番号
09C01039
受賞概要
2009年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

アルミ合金製で驚くほど軽量、かつ頑強なボディ。そこに様々な機能を詰め込み、一般的な台車には無い数々の革新的な機能を備え、更に部材のモジュール化によって獲得した高いメンテナンス性とカスタマイズ性を備えた次世代多目的6輪台車『ヘラクレスCUBE(キューブ)』。近年、建築に対するユーザーのニーズも多種多様になり、それと同時に建設資材に対しても多種多様な製品が求められてきております。今回出展させていただきます『ヘラクレスCUBE・ギャラクシーシステム』は、『ヘラクレスCUBE』を縦横に連結させながら広げることによって、どんな形の建設資材でも対応出来るようになる画期的な運搬システムです。

プロデューサー

ジー・オー・ピー株式会社 常務取締役 千田寛子

ディレクター

ジー・オー・ピー株式会社 技術部 割田哲弘、森史生

デザイナー

ジー・オー・ピー株式会社 技術部 割田哲弘、森史生

割田哲弘・森史生

発売予定
2009年12月1日
販売地域

日本国内向け

問い合せ先

ジー・オー・ピー株式会社 企画室
Email: info@gop.co.jp
URL: http://www.gop.co.jp

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

建設現場は「きつい」「汚い」「危険」の“3K”の代名詞です。特に「危険」は無理な作業から生まれる場合が多く、作業台・台車などの仮設資材への過信が原因です。『ヘラクレスCUBE・ギャラクシーシステム』は、運搬対象によって形状・大きさが変化できるので、運搬対象にあった形にしていただき、事故や不安の無い作業をしていただきたいと思います。

デザイナーのコメント

建設現場は「きつい」「汚い」「危険」の“3K”の代名詞です。特に「危険」は無理な作業から生まれる場合が多く、作業台・台車などの仮設資材への過信が原因です。『ヘラクレスCUBE・ギャラクシーシステム』は、運搬対象によって形状・大きさが変化できるので、運搬対象にあった形にしていただき、事故や不安の無い作業をしていただきたいと思っております。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

年齢層は若い方から社会に進出する女性も対象としています。建設現場の作業員をメインに、倉庫管理、製造業の現場での使用を想定しています。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

従来、スチール製品で50kgを軽く超す製品が流通していました。現在は新築のビルが減る中、リフォームの回収現場も増えてきて、小廻りが可能な、または狭い場所では手持ちで持ち歩けるような、かつ丈夫さを必要とする現場作業が増えてきました。そのニーズに応え、軽量(23kg?)で扱い易く、大きさの調節を実現したのが、当製品となります。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

現在もモデルチェンジは進んでいて、組立を「入れ子構造」と「リベット組立」により、「溶接を無くす組み立て方法」で対応しました。現在更なるメンテナンス性と共に、モジュール化を目指しています。

その問題点に対し、どのように対応したか

「壊れたから」の買い替えをして頂くのではなく、「長く使っていただく」を意識した製品作りが弊社の課題です。部材をモジュール化し、メンテナンスをし易くする事により「長持ちできる製品」を目指しました。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

【WEBサイト】http://www.gop.co.jp/または【電話】03-5449-1931にてお問い合わせください。
http://www.gop.co.jp/product/h_cube/index.html

審査委員の評価

工事現場の建材運搬のためのアルミ製システム台車。現場での検証をもとに、部材のモジュール化、高機能化、メンテナンス性を高めた優れた製品である。連結方法も簡易でありながら安定性が高く、運搬時の段差乗り越えなどキャスターの工夫も見事だ。アルミフレームを基調とし、機能パーツによるカラーコントラストも良く、建設現場での存在感も明るい。現在もなお、創意工夫を続ける開発姿勢を高く評価したい。

担当審査委員| 大島 礼治   福田 哲夫   村上 存   山田 晃三  

ページトップへ