GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2009

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
戸建住宅 [高台の家]
事業主体名
安藤威
領域/分類
生活領域 - 戸建住宅・集合住宅
受賞企業
吉岡寛之建築設計事務所 (東京都)
飯山千里建築設計事務所 (群馬県)
受賞番号
09B08036
受賞概要
2009年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

高台という土地の性格を引延し、前庭、玄関、ダイニング、リビングをスキップフロアとした。スキップにより視点が変化し距離感が生まれ、窓は、低いレベルでは空に広がり、高いレベルでは街を望む風景を切取り、ワンルームの中で様々な状況を作り出す。配置に置ける大小のボリュームは焼杉の外壁で包み、窓には金属の庇が取付く。時の経過で、風化する焼杉と変わらない金属との表情の対比が生まれ、新たな佇まいがうまれる。

プロデューサー

吉岡寛之、飯山千里

ディレクター

吉岡寛之、飯山千里

デザイナー

吉岡寛之、飯山千里

共に日本大学大学院修了後、みかんぐみを経てそれぞれ独立。

利用開始
2008年9月30日
販売地域

日本国内向け

設置場所

神奈川県横浜市

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

「眺めがよい」という土地の性格と暮らしの場所となる空間をどのように繋げるかという検討を行った。ワンルーム化はコスト面で有効だが、コンパクトなスペースでは距離が保てず暮らしのシーンが混在しすぎる。細長い住空間を「の」字型に立体的に折り曲げながら、地面(前庭)から空(眺望)へと連続させることで様々な状況をつくり出せるのではないかと考えた。

デザイナーのコメント

■ 豊かな変化のあるワンルームを実現できないかという試みである。折れ曲がったスキップフロアにより、床レベル同士の関係や窓からの眺めをコントロールしようと考えた。コンパクトな空間でありながら、距離感や自由さ、伸びやかさを獲得したかった。傾斜地という敷地のストーリーを住空間に反映することで、「登ること」「登りながら発見すること」の楽しさを暮らしに取り入れたいと思った。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

住まい手は、夫婦とネコ1匹である。彼らには家具や玩具、CDや書籍などのたくさんのコレクションがあって、並べたり、眺めたりしながら、それらに囲まれて暮らしたいという思いがあった。また友人たちを家に招いてパーティをしたり、絵を描いたり、DJにいそしんだりと、多趣味である。さらに眺望の良さを気に入って、この住宅の敷地を購入した経緯がある。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

棚板、窓枠、リビングの階段、いろいろな高さの床にディスプレイすることで、住空間が空に抜ける大きな螺旋状の陳列ケースの中に住まうかのような具合となった。高さの異なる床や階段はベンチやテレビ台になったり、フタをあけると収納になっていたりと、場所づくりのきっかけにもなっている。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

住まい手のコレクションや持ち物を住空間に邪魔なものとして隠し込んでしまうのではなくて、積極的に空間に参加させている。また、住まい手が水回りと寝室のカラーコーディネートを行い、トイレの照明器具もデザインしている。施行時は、住まい手自ら丸柱にバーナー仕上げを施し、キッチンを収納する5枚引戸に黒板塗料を塗り、以前の住まいで使用したデッキ材を再びテラスに敷くなど、共に手を動かした。

その問題点に対し、どのように対応したか

‘家’を一つの建築としてだけでなく、住まい手、周辺環境、住空間、そこで使う生活道具(コレクション)を含めた総合体として捉え、多くの眼差しがその質を上げるのではないかと考えた。家づくりも、住まい手とシェアする機会を増やすべきだと思う。住まい手が家づくりに直接参加することで家への愛着が増し、社会的にも住空間への理解が深まるのではないか。

審査委員の評価

斜面の住宅地に建つ住宅で、敷地の斜面性をそのまま引き継ぐような形で、スキップフロアによって空間を構成している。全体としてにぎやかで楽しげな住空間を作り出しているように感じられた。また、箱同士の構成は、周辺環境と峻別される個性を持ちながらも周りに合った風景を作り出している。

担当審査委員| 難波 和彦   高橋 晶子   手塚 由比   西沢 立衛  

ページトップへ