GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2009

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
住宅 [豊川の住宅]
事業主体名
個人
領域/分類
生活領域 - 戸建住宅・集合住宅
受賞企業
有限会社ランドサット (大阪府)
受賞番号
09B08027
受賞概要
2009年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

Lumiere (壁の分解) 敷地は廻りを建物に囲まれて、周囲の景色も望めない暗い旗竿地です。その敷地に、壁の配置を工夫する事で隙間やズレを生み出し、そこから光と気配がインテリアに入り込む住宅を作り出しました。空間の本質を「光」ととらえ、時間とともに刻々と変化する自然光と、間接光をメインとした照明デザインを洗練させることをデザインのポイントにおきました。

ディレクター

有限会社ランドサット 安田利宏

デザイナー

有限会社ランドサット 安田利宏

詳細情報

http://www.landsat.jp/

利用開始
2009年1月10日
販売地域

日本国内向け

設置場所

愛知県豊川市

問い合せ先

有限会社ランドサット
Email: yasuda@landsat.jp
URL: http://www.landsat.jp/

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

一般的に住環境として好ましく思われていない旗竿地に建つ住宅の一回答が示せたと思います。周囲を壁ですべて囲うのではなく、壁の配置を工夫し少しの外光と少しの景色を室内に取り入れる事で、変化に富んだ豊かなインテリアが実現できたと思います。

デザイナーのコメント

初めて敷地を訪れた時の印象を鮮明に覚えています。周囲を建物に囲まれて日光が当たらない土地にどのような住宅をつくるか? 施主は様々な工務店、ハウスメーカーに相談されましたが、どの提案も納得できませんでした。日のあたらない旗竿地に住み心地の良い住まいを、という施主の希望を実現した空間。施主も工務店も建築家も同じ一つの想いで造り上げる事ができた住宅です。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

旗竿地でも住める、という強い意志を持った施主。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

住環境としてマイナス面が多い旗竿地でも、建物配置、壁配置を工夫する事で、光の変化が楽しめる住環境が実現。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

住空間の本質を「光」ととらえ、時間とともに刻々と変化する自然光と、間接光をメインとした照明デザインを洗練させることで、単調になりがちな箱形建築から脱却した、モダンで変化に富んだ外観とインテリアを実現した。

その問題点に対し、どのように対応したか

旗竿地において如何に閉鎖的でなく、変化に富んだ住環境が実現できるかが課題であった。

ページトップへ