GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2009

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
軽自動車 [ダイハツ ミラ ココア プラス(DBA-L675S)]
事業主体名
ダイハツ工業株式会社
領域/分類
生活領域 - 乗用車および関連商品
受賞企業
ダイハツ工業株式会社 (大阪府)
受賞番号
09B07003
受賞概要
2009年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

環境問題の深刻化や不透明さが増す社会の中では消費者の意識も変化。装飾的な要素を最小限にし、本質を求める「シンプル志向」が定着してきている。このような「シンプル志向」ユーザーの感性に応えるクルマとして開発した。エクステリアは、見れば見るほど愛着がわいてくる「あたたかモダン」なスタイル。インテリアは、玉縁処理を施したスエード調シートやファブリックトノカバーなどの採用により「仕立てのよさ」を表現した。また、国内初となるルームミラーモニターや、広い後方視界を確保するリヤラウンドガラス、見切りのよい水平基調のボンネットなど「運転のしやすさ」に徹底的にこだわったデザインとした。

プロデューサー

ダイハツ工業株式会社 軽車両開発本部 軽製品企画部 チーフエンジニア 次長 大継 直人

ディレクター

ダイハツ工業株式会社 第2デザイン部 部長 酒井 真吾

デザイナー

ダイハツ工業株式会社 第2デザイン部

詳細情報

http://www.daihatsu.co.jp

発売
2009年8月17日
価格

1,120,000 ~ 1,300,000円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

国内初となるルームミラーモニターや、広い後方視界を確保するリヤラウンドガラス、見切りのよい水平基調のボンネットなどの採用により「運転のしやすさ」に徹底的にこだわり、「自分らしく、楽しい時間を過ごせるクルマ」の実現を狙った。

デザイナーのコメント

シンプルな水平基調のラインとクリーンな面構成、角にしっかりと丸みをつけた台形シルエットにより、親しみやすさとあたたかみを表現。丸型ヘッドランプのグラフィックで「愛らしさ」を演出。くり抜いたような6ライトのサイドウィンドゥで「広くて視界のよいキャビン」を実現した。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

自分の感性・感覚でモノ選びを行い、毎日を肩ひじ張らずに楽しむ女性。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

友人との時間を楽しく過ごせる“お気に入りのカフェ”のような空間をテーマに開発した。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

・TOPAZ NEO エンジン採用 ・CVT ・TAFボディ ・SOFI安全インテリアの採用

その問題点に対し、どのように対応したか

・最新のプラットフォーム&パワートレーンによる優れた走行・安全・環境性能 ・厳しい排出ガス基準JC08コールドモードに対応しながら、環境対応車普及促進税制の75%減税に適合

どこで購入できるか、
どこで見られるか

http://www.daihatsu.co.jp

審査委員の評価

最近の軽自動車の中では最もよくまとまった出来栄えのように思える。軽自動車ではなく新しいジャンルの車というイメージがある。奇をてらわない全体の安定感ある造形、バランスよくまとめられたランプ形状やウインドーグラフィック。街の中を楽しく走るおしゃれな雰囲気がよくあらわされている。インテリアも落ち着いた雰囲気に仕上げられ、特に、シートのデザインは軽自動車とは思えないほどの質感を持っている。

担当審査委員| 山村 真一   木村 徹   サイトウマコト   佐藤 卓   松井 龍哉  

ページトップへ