GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2009

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
位置情報サービス [無線LAN電波で位置を推定する「PlaceEngine(プレイスエンジン)」]
事業主体名
クウジット株式会社
領域/分類
身体領域 - 個人向けのサービスシステム
受賞企業
クウジット株式会社 (東京都)
受賞番号
09A06001
受賞概要
2009年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

PlaceEngineは、周囲に遍在する無線LAN電波を用いて屋内でも素早く現在位置を推定するサービスです。ユーザー参加型の位置情報基盤サービスとして、実世界志向ユーザーインターフェイス研究の第一人者である暦本純一によってコンセプト発案されました。ユーザーによる位置検索や位置登録などにより、対応地域や位置推定精度が向上、育っていく特徴があります。無線LAN電波情報に対して、付加情報 (フロア情報など任意の文字列)をタグ付けすることにより、ビル建物内のフロア、エリア推定を行うこともできます。Webサービスや携帯ゲーム、スマートフォン用アプリ、イベントガイドなど様々な事例で活用されています。

プロデューサー

クウジット株式会社 代表取締役社長 末吉隆彦

ディレクター

東京大学大学院情報学環 教授+株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所 インタラクションラボラトリー室長+クウジット株式会社 共同創業者兼技術顧問 暦本純一

デザイナー

東京大学大学院情報学環 教授 暦本純一+クウジット株式会社 代表取締役社長 末吉隆彦、取締役CTO 塩野﨑敦

暦本純一/末吉隆彦/塩野﨑敦

詳細情報

http://www.placeengine.com/

利用開始
2006年7月3日
販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

PlaceEngineは、汎用の無線LAN機器を用いて、屋内でも手軽・安価に、そして素早く位置を取得できるユーザー参加型の位置情報基盤サービスを目指しています。さまざまな事業者と連携し、PlaceEngineを核とした利用事例を積み重ねることにより、屋内での位置情報をより日常的なものとし、新しいライフスタイルや体験価値を提案していくことを目指しています。

デザイナーのコメント

PlaceEngineは、ユーザーが位置を検索・登録することで、位置推定可能なエリアが拡大したり、位置精度が向上していく“ユーザー参加型の位置情報基盤”というコンセプトを目指し、具現化しました。都市生活者のライフログ(行動履歴)に向いており、これまでデータ化、視覚化することの困難であった屋内におけるきめ細かくダイナミックな “人の動き”を扱うことのできる基盤となり得ると考えています。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

現状、PlaceEngineの技術特性上、利用できるデバイスが、無線LAN端末(ノートPCや携帯ゲーム機、スマートフォンなど)であることから、それらの商品のターゲット層である若者が中心と考えられます。屋内における位置情報は、さまざまな事業領域で活用できるため、特定の場所や施設内での利用事例を積み上げ、将来的には、老若男女問わず幅広いユーザー層に利用していただきたいと考えています。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

位置情報サービスやAR(拡張現実)サービスとPlaceEngineを組み合わせることで、既存の商業施設や公共エリア内でも現在位置を手軽にすばやく提供したり、場所・空間によって情報を出し分けるなどの付加価値を実現、提供します。また、GPSなどの測位技術と組み合わせることで、屋内・屋外シームレスな位置情報の提供を実現することが可能となります。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

PlaceEngineは、無線LANアクセスポイントが都市に遍在しているという特性とユーザー参加型の位置情報基盤というエコシステムを目指し、実用化しました。ビルのフロアや店舗など、空間情報を認識できる特徴をアピールしたり、屋内でも屋外でもシームレスに位置測位できるハイブリッドな位置情報技術の確立を目指し、ネットとリアルをつなぐ技術で社会に貢献したいと考えてます。

その問題点に対し、どのように対応したか

近年、モバイルデバイスとネットワークの発達により、ナビゲーションや、地域情報、健康管理などの領域で位置情報がより身近になり、日常生活に浸透してきています。ネット上の情報とリアルな場所・空間とは、互いに隔絶されていたり、大きなギャップがありましたが、これからは、それらをシームレスにつなぐ情報デザインが必要になってくると考えています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

PlaceEngine公式サイトで公開版クライアントソフト(無料)をダウンロードして利用することができます。
http://www.placeengine.com/

審査委員の評価

無線LANの電波を現在位置の推定に利用する試みは、GPSや携帯電波を利用した現在のサービスの弱点をカバーでき、かつ既存のサービスとの連携で一層の効果が期待できるものである。さらに、こうした周囲に多数存在し、かつ増加している無線LANの電波をパブリックサービスに活かすことは、取り組みの視点や今後の可能性の視点から評価できる。

担当審査委員| 紺野 登   國澤 好衛   タナカノリユキ   西山 浩平   原島 博  

ページトップへ