GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2009

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
電動ハイブリッド自転車 [eneloop bike CY-SPJ220]
事業主体名
三洋電機コンシューマエレクトロニクス株式会社
領域/分類
身体領域 - 個人向け車両
受賞企業
三洋電機株式会社 (大阪府)
受賞番号
09A05002
受賞概要
2009年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

軽量コンパクトな折りたたみアルミフレームと小径20インチホイールの回生充電機能搭載コンパクトエネループバイク。・アシスト比率(1:2)新基準対応。・“ループチャージ(回生充電システム)”を搭載し、減速時に充電する「ブレーキ充電システム」とアシストと充電を自動で賢く切換える「オートモード」で走行距離を大幅アップ。・前輪ハブモーターによる両輪駆動で安定走行。・内装3段変速と、小径車専用のアシストプログラムによりコンパクトながらパワフルな走り。・小型エレベーターにもそのまま入れることができ、マンションの玄関での保管や車載、持ち運び等が容易な、軽量コンパクト折畳アルミフレーム採用。

プロデューサー

三洋電機コンシューマエレクトロニクス株式会社 家電事業部 加西製造統括部 統括部長 雑古 昭彦

ディレクター

三洋電機株式会社 マーケティング本部 アドバンストデザインセンター アドバンストデザイン部(IID DESIGN Labo.) 田中 庸介

デザイナー

三洋電機株式会社 マーケティング本部 アドバンストデザインセンター アドバンストデザイン部(IID DESIGN Labo.) 田中 庸介、友永 勝之

詳細情報

http://www.e-life-sanyo.com/eneloopbike/

発売予定
2009年9月1日
価格

99,800円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

ループチャージ(回生充電システム)というエネルギーマネージメントシステムを備えたエネループユニバース商品として、男女を問わず、これまでの電動アシスト自転車のユーザーターゲットを広げ、より多くの人たちの生活をアシストしていけるプロダクトを目指した。

デザイナーのコメント

男女を問わず、より多くの人に、多くの場所で、楽しく便利に使ってもらいたい。また、“ループチャージ(回生充電システム)”というエネルギーマネージメントシステムを備えたエネループユニバース商品として、尖がっていないナチェラルでフレンドリーなデザインを意図した。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

男女を問わず、これまでの電動アシスト自転車のユーザーターゲットを広げていくことを目的に、特に都市部において、ファミリーサイクルだとちょっと街やファッションに合わない、マンションに駐輪スペースがなく玄関まで持って行きたいが、大きく、重いのでエレベーターや階段では持ち運べない等で、便利なのはわかっているがなかなか手が出なかった層をターゲットに想定。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

乗っても、降りてもお洒落で扱いやすく、日常生活に溶け込むナチェラルでフレンドリーなデザインで、街や人に馴染み、飽きることなく長く愛着を持って使える、便利で地球にも優しい商品を提供。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

回生充電やブレーキ充電、アシストプログラムの見直しによるアシスト性能の向上、フロントハブモーターによる両輪駆動、1:2パワーアップモード等によるパワフルで快適な走行性能の向上に加えて、軽量な折りたたみアルミフレームと、小径ホイールによるとり回しや、持運び易さを実現。乗車時、降車時、また保管時の利便性のバランスを考慮した設計とした。

その問題点に対し、どのように対応したか

近年、環境意識の向上から自転車が注目、そのような中、電動ハイブリッド自転車も道交法によるアシスト比率規定改変などにより、様々なシーンでの活用の期待が高まっている、環境的に都市部では駐輪スペースの確保の問題や、モーター、バッテリーなどで重く大きな車体はとり回しがしづらい等の問題もあり、普及への障害となっている。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

量販店、スーパーの自転車売り場、自転車専門店等

審査委員の評価

コンパクトにまとめられたバッテリーやモーターはほとんど気にする必要がないほど全体によく調和している。小径ホイールと全体のバランスもよく、シンプルではあるが小気味よく作りこまれた形状は従来のアシスト自転車にはなかった。この点評価に値する。

担当審査委員| 山村 真一   木村 徹   サイトウマコト   佐藤 卓   松井 龍哉  

ページトップへ