GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2009

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
度付対応サーフィン用サングラス [IDENT/ IDENT2(アイデント/アイデント・ツー)]
事業主体名
山本光学株式会社
領域/分類
身体領域 - スポーツ用品
受賞企業
山本光学株式会社 (大阪府)
受賞番号
09A03008
受賞概要
2009年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

かねてよりユーザーから強い要望のあった度付(視力補正)レンズに対応するサーフィン用アイウェア。長時間にわたる太陽の強い紫外線や海面反射の眩しさから眼の健康を守る。また物理的衝撃を吸収するプロテクターとしての役割も果たす。ストラップを外せば通常の眼鏡やサングラスとして使用可能。

プロデューサー

山本光学株式会社 代表取締役社長 山本 為信

ディレクター

山本光学株式会社 商品企画部 船本富広

デザイナー

山本光学株式会社 商品企画部 富永浩史、青山直哉

(左)デザイナー(右)設計者

詳細情報

http://www.yamamoto-kogaku.co.jp/ident/index.html

発売予定
2009年7月1日
価格

15,750 ~ 21,000円 (度付レンズは別売)

販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

スポーツ用品店、眼鏡店

問い合せ先

山本光学株式会社 商品企画部
Email: kita@yamamoto-kogaku.co.jp
URL: http://www.yamamoto-kogaku.co.jp

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

サーファーの目の保護を第一とし、なおかつ通常の眼鏡としても違和感無く使えるアイウェアの開発を目標とした。

デザイナーのコメント

誰にとっても自分の眼というのは一生の宝物です。しかし長時間海の上で強い日差しや紫外線を浴び続ければ眼は簡単に傷つき、場合によっては視力を失うことさえあります。サーファーの眼の健康を守り、サーフィンをできるだけ長く楽しみ続けて欲しい、という気持ちで開発した製品です。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

サーフィンをはじめとするマリンスポーツ愛好者。男女問わず、15歳以上の年齢層を想定。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

1.長時間に渡る強い日光や紫外線照射からの眼球保護。2.スポーツ専用のギアではなく、日常生活で使う眼鏡として兼用でき、経済的な負担が少ない。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

本製品は波を衝撃を受けた場合でも非常に外れにくく、万が一外れて海に落ちても沈まずに浮き続ける眼鏡として開発された。紛失を防止するということは環境保護の観点から有意義だと思われる。

その問題点に対し、どのように対応したか

これまでは視力補正の必要なサーファーはコンタクトレンズしか選択肢が無く、その結果サーフィン中頻繁に眼から外れ落ち、海へ沈没するケースが非常に多かった。それは海の中へプラスチックを捨てるのと同じことになる。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

アルペン、ゼビオ、ムラサキスポーツ

審査委員の評価

身を守る、という意味でのサングラスの機能はUV仕様などで一般に認識されつつあるが、改めてアイウェアはファッション性より安全性能にこそ価値があることを、この商品によって気づかされた。ヘビーサーファーにとって、サングラスは自転車ヘルメット同様に不可欠な道具。この商品はそれを踏まえ様々な状況を想定しデザインされているが、特に安全面からの配慮は見事である。

担当審査委員| 左合 ひとみ   岩崎 一郎   長濱 雅彦   船曳 鴻紅  

ページトップへ