GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2009

GOOD DESIGN|中小企業庁長官賞

受賞対象名
ヘアーピースインナーキャップ [髪の毛帽子ウィズウィッグインナーキャップ]
事業主体名
株式会社プロイド
領域/分類
身体領域 - 健康・ケア・介護用品
受賞企業
株式会社プロイド (大阪府)
フェザー株式会社 (大阪府)
受賞番号
09A02026
受賞概要
2009年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

抗癌剤治療の副作用などで、一時的に脱毛状態となる女性のための生活改善用品。インナーキャップと、これに取り付ける髪の毛帽子ウィズウィッグと市販の帽子との組み合わせで使用する。弊社のオリジナル髪の毛帽子ウィズウィッグは帽子内側にスベリと言われるベルト状の芯がある帽子にのみに取り付けがl可能で、これまではスベリのないニット帽子には使えなかった。これを改善して、ニット帽子も被ることのできる髪の毛帽子ウィズウィッグ取り付けインナーキャップを製品化した。これで市販のほぼ全ての帽子が使用可能となった。

プロデューサー

株式会社プロイド ウィズウィッグ事業部 ゼネラルマネージャー 土橋 真理子

ディレクター

フェザー株式会社 商品部 開発課 主任 大野 聰

デザイナー

株式会社プロイド 代表取締役 中禰 兼治

詳細情報

http://www.withwig.com/

発売
2008年12月12日
価格

8,000 ~ 10,000円 (髪の毛帽子ウィズウィッグ+インナーキャップの中心価格)

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

抗癌剤治療の副作用などで、一時的に脱毛状態となる女性のための生活改善用品としては全カツラなどがあるが、医療用のカツラも含めて高価なものが多い。このインナーキャップと髪の毛帽子ウィズウィッグとの組み合わせで、8千円?1万円プラス帽子という価格で自然なヘアースタイルが提供できる。

デザイナーのコメント

もともとは悪性リンパ腫で抗癌剤治療中の友人に贈った、手作りの髪の毛付帽子がスタートでした。次に既成の帽子に着脱できるヘアーピースを完成させましたが、これをニット帽子にもつけたいという、多くのユーザーの声にやっと応えることができた今回のインナーキャップです。この製品をできるだけ多くの患者の皆様にお知らせしたいと願っています。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

抗癌剤治療などの副作用やアトピー性疾患、事故等で一時的に脱毛状態となる女性のための生活改善用品です。外出時も手軽に帽子を被る感覚でヘアーセットも簡単に決まり、体調に合わせたおしゃれが楽しめます。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

インナーキャップは通気性に優れたシルクプロテイン加工を施した特殊メッシュ製で、治療中の患者のデリケートな頭皮に優しい製品です。髪の毛帽子ウィズウィッグとの組み合わせで、頭の上部を圧迫することがなく、春夏用や秋冬用の帽子との組み合わせて快適に過ごすことができます。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

インナーキャップは人の素肌に近い天然繊維の絹プロテインを繊維に含浸させる加工で保湿性・吸水性に優れ、アレルギーやアトピーなどの敏感肌な人でも使える素材を使用しています。シリコンラバーと調整ゴム機能で髪の無い頭皮にもしっかりフィットし、これに装着する頭の周囲だけの髪の毛をもつウィズウィッグは頭の上部が蒸れるのを防ぎ、帽子を被った姿はとても自然で、このヘアースタイルを安価に提供します。

その問題点に対し、どのように対応したか

癌治療などでは多くの患者が抗癌剤の副作用で、脱毛状態に悩まされています。この方々の生活改善用品としては全カツラや帽子がありますが、医療用も含めて全カツラは一般的に高額であり、頭皮に負担をかけやすい上に、帽子だけを被った状態ではもみ上げと襟足部分の脱毛状態は隠しようがありませんでした。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

インターネット上のショップサイト及び株式会社プロイド ウィズウィッグ事業部
http://www.withwig.com/ http://www.fitme.jp/style/fitmepiece.html

審査委員の評価

乳ガンは女性の間ではガン死亡率一位。しかし早期であればほとんどが手術によって根治するとされている。しかし術後の抗ガン剤薬による脱毛は、すでに乳房を一部欠いた女性患者にとって大変辛い体験となる。社会生活では帽子やウイグで隠さなければならない。その時に、ウイグですべて覆うとなるとウイグのできの良さとその価格とが課題となってきた。しかしこのインナーキャップ付きのハーフ・ウイッグによって、比較的廉価にファッショナブルに装うことができる。

担当審査委員| 左合 ひとみ   岩崎 一郎   長濱 雅彦   船曳 鴻紅  

ページトップへ