GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|ロングライフデザイン賞

受賞対象名
腕時計 [G-SHOCK AWG-500-1AJF]
事業主体名
カシオ計算機株式会社
分類
ロングライフデザイン
受賞企業
カシオ計算機株式会社 (東京都)
受賞番号
08L01001
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

G-SHOCKで初めて耐衝撃アナログ/デジタルのコンビネーションモジュールを搭載したAW-500が電波×ソーラーのThe Gとなって復活。シンプルなケースデザインや、凹凸のないバンド形状はそのままに、電波受信機能とタフソーラーを搭載。ベゼル上部のPROTECTIONの文字や、時針・分針のカラー、形状、側面ボタンの色までこだわり再現しています。また、進化した文字板には、AW-500にも採用されていた落下時の衝撃をグラフ化したショックアブゾービングカーブをデザイン。往年のデザインを色濃く残しながらも、正統進化したコンビモデルです。

ディレクター

カシオ計算機株式会社 開発本部デザインセンター 第六デザイン室 室長 川島一世

デザイナー

カシオ計算機株式会社 開発本部デザインセンター 第六デザイン室 室長 川島一世、リーダー 盛合竜介、池津早人

詳細情報

http://g-shock.jp/others/resin.html

発売
2006年4月1日
価格

22,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

本デザインは初代からアナログ派G-SHOCKとして、固有のデザイン開発を行っています。側ケースは裏ブタ外周をMAX径とし、サイズを感じさせない円錐形状に従いデザインされています。また耐衝撃機能をそれぞれの部位でオリジナルデザイン表現する事により、他のアナログブランドにはないG-SHOCKならではのアナログ派ウォッチが完成されたと思います。(下記ポイントを参照願います)

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

本機種はG-SHOCKの普及価格帯ラインナップ上に於いて、シンプル且つアナログ志向ユーザー訴求を目的としています。機能もさることながらデザイン自体も必要最小限の構成で、幅広い年齢層にいろいろな場面で長く使用していただけるような想定をしました。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

電波ソーラー機能や照明機能が付加されるも、1989年からの定番スタイリングをほぼ変える事無く、サイズもキープ、表示の見易さにもこだわりました。ロングライフ商品としてより長く、より使用シーンを拡げる商品としてデザイン開発を行いました。

審査委員の評価

「男なら誰でもが判るカッコ良さ」 G-SHOCKが発売された当初から現在に至るまで、耐衝撃性を初めとする機能搭載を積み重ね、男っぽさの極まったデザインが、「男の時計」の一つの典型になり得て、多くの男性から支持されているのではないだろうか。また男性に限らず女性も認める「カッコよい男のカッコ良い持ち物」の一つにもなりえていると思う。何時の時代にも、その時代の美しさやカッコ良さはあるが、「男っぽい男らしさ」は永遠のテーマであり、G-SHOCKは時計というモノを通して、それを表現・具現化している。だからこそ「典型」に成り得ているのではないか。

担当審査委員| 内藤 廣   川上 元美   黒川 玲   稲葉 賀惠  

ページトップへ