GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
予定調整サイト(グループコミュニケーションサイト) [ピージャムジェイピー]
事業主体名
ピージャムラボ
領域/分類
移動・ネットワーク領域/コミュニケーション - デジタルメディア
受賞企業
有限会社アイビィコミュニケーションズ (東京都)
受賞番号
08C17033
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

携帯電話およびPCでもシームレスに使える情報共有(グループコミュニケーション)サイトです。主な機能は ・グループの掲示板 ・多人数の予定調整機能(○×投票機能付き) ・Googleカレンダー等とのスケジュール連携機能 ・GPS情報の反映、ぐるなびとのデータ連携機能 を実装しています。また、これらのコミュニケーションの基本操作はメールでの返信、通知により実現されます。この特徴によってユーザーはシチュエーションにあわせてデバイスを選択できます。またSNSや出会い系のサービスと違い顔の見える範囲のコミュニケーションを支援しますのでセキュリティーは万全で安心して使えます。

プロデューサー

ピージャムラボ代表 町田 拓也

ディレクター

町田 拓也

デザイナー

<PCデザイン> 永沢 和義 <携帯デザイン> なすび <コミュニケーションシステム及びデータベースデザイン> 杉浦 雅巳

詳細情報

http://pjam.jp/pc

利用開始
2008年4月24日
販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

日本(.jp)

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

高齢者を含むインターネット初心者でも十分に理解、使用することができ、なおかつweb2.0世代にも受け入れられる高度な機能を実装しています。多人数の予定の調整では数百ステップの工程を無意識のうちにオペレーションしますが、pjamではそのステップ数を10分の1以下に抑えることに成功しました。GPSの位置情報の取得や、他のサービスとの自動的な連携により飛躍的にユーザ操作の簡略化を実現しています。

デザイナーのコメント

pjam.jpは対象年齢も10代?60代と幅広く、性別も問いません。サービスを流行させるために10代に絞ったデザイン及びマーケティングをしていくサービスもありますが、pjam.jpはあくまでもwebサービスの世界でのユニバーサルデザインを意識してデザインされました。目に見えるUIだけでなく、サービス名や仕組みも含めてデザイナーの“誰でも簡単につかえる”というポリシーを取り入れています。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

携帯メールをやっと使えるユーザからPCをヘビィに使うユーザ両方を想定しました。例えば家族でコミュニケーションを円滑にとりたい場合、PCの人,携帯の人,メールだけの人等いろんな場面が想定されます。ピージャムでは全ての人に受け入れられるUIおよびシステムデザインコンセプトで開発されています。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

初心者にはメールだけでwebに参加することを提供。中級者はPCでも携帯でもどちらでも情報へのアクセスができ、○×表等の機能もついています。上級者にはGoogleやOutlook、GPS情報との連携を実現することにより、より高度なものを実現しています。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

pjam.jpという名前は携帯キーボードの一文字目を使ってデザインされたサービス名です。初心者のことを考え、なるべく文字を打たないように設計されてます。また、主要機能はwebにアクセスすることなく誰もが使えるメールをwebのリモコンのように扱うことでシニア層や初心者層に負荷をあたえることなく実現しています。

その問題点に対し、どのように対応したか

情報化社会の中で、上級者に合わせたコミュニケーションデザインでは、シニア層等の初心者層をスポイルしてしまうことがあります。グループコミュニケーションの場合一人でも脱落者がいるとグループ全体のコミュニケーションを破たんさせかねないという特徴があり、メールでは情報爆発の現状で表現力等が追いついていません。

ページトップへ