GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
地域交流、教育プログラム [ピノキオプロジェクト]
事業主体名
三井不動産レジデンシャル株式会社、三井不動産株式会社
領域/分類
移動・ネットワーク領域/コミュニケーション - メディア
受賞企業
三井不動産レジデンシャル株式会社 (東京都)
三井不動産株式会社 (東京都)
受賞番号
08C16041
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

秋葉原から30分。新線つくばエクスプレスの「柏の葉キャンパス」駅周辺施設を利用し、ピノキオの衣装に身を包んだ近隣在住のこどもたちが、さまざまな体験をするための参加型アートイベント。「試行錯誤と実践」をテーマに、職業体験など地域の人との交流を目的とするいくつかのプログラムで構成される。

プロデューサー

スパイラル/株式会社ワコールアートセンター チーフプランナー 松田朋春

ディレクター

株式会社シンク・コミュニケーションズ 取締役 小山田裕彦

デザイナー

フィレンツェ美術アカデミア教授 エドアルド・マラジジ コスチュームアーティスト ひびのこづえ アーティスト 高橋信雅 ペーパーバック代表 則武弥

詳細情報

http://www.kashipino.com

立ち上げ
2007年11月3日
問い合せ先

三井不動産レジデンシャル株式会社 営業マネジメント本部マーケティング部ブランドマネジメントグループ
Email: customer@31sumai.com
URL: http://www.mfr.co.jp

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

昨年のたちあげ当初は、駅前で行うイベントとして賑わいを創出したが、本来は「子供はまちで育てよう」とのスローガンを掲げ、町のさまざまな場面で子供(=ピノキオ)が学び、まちの人とのコミュニケーションの活発化、まちの活性化に寄与する行為が日常的に発生することを目的とする。

デザイナーのコメント

カルロ・コッローディの物語の主人公ピノキオは、正しい道を見つけるまでには、いくつもの間違いをすることが重要であることを教えてくれます。子供たちが創造力を自由に働かせながら、少しずつ自分の意識を高めてゆく姿を体現しているのです。そのエネルギーは世界のすべての子供が持っている大切な宝です。私たちが作るピノキオが、日本の子供たちに愛されるものになることを祈っています。(エドアルド・マラジジ)

審査委員の評価

ピノキオの衣装に身を包んだ近隣在住のこどもたちが、さまざまな体験をするための参加型アートイベントということで、まさに体験をデザインするプロジェクトだ。非常にユニークな試みで色々な可能性が期待できる。

担当審査委員| 永井 一史   佐藤 可士和   佐藤 卓  

ページトップへ