GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
液晶プロジェクター [Panasonic PT-LB80NT, PT-LB80, PT-LW80NT, PT-LB75NT, PT-LB75, PT-X600, PT-X500]
事業主体名
パナソニック株式会社
領域/分類
移動・ネットワーク領域/情報の移動 - 産業・公共用の情報機器
受賞企業
パナソニック株式会社 (大阪府)
受賞番号
08C15024
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

●操作パネル部に業界初の「タッチセンサー」を搭載し、密閉レンズの装備やズーム/フォーカス調整リングもカバーで保護するなどキャビネット全体を覆う「防塵デザイン」を実現。光学部品への埃の付着を防ぎ、前機種(TH-LB60NT)と比較し明るさ維持を3倍にしたポータブルプロジェクター。 1、重量2.96kgと軽量ながらも明るさ3200lmの実現及び、独自の環境照度適応型の画質補正技術「デイライトビュー4」によってオフィス/教室など明るい環境で、ハッキリした映像投影が可能。 2、空間調和を目的としたシンプルデザインとシルバーカラー筐体を採用し、オフィス/教室で違和感なく常時設置が可能。

プロデューサー

パナソニック株式会社 AVCネットワークス社 システム事業グループ プロジェクタービジネスユニット 湯浅祥弘

ディレクター

パナソニック株式会社 デザインカンパニー AVCネットワークデザイン分野 AVCNシステムグループ 前田昌克

デザイナー

パナソニック株式会社 デザインカンパニー AVCネットワークデザイン分野 AVCNシステムグループ 西村拓紀、東貞良、大橋和也

詳細情報

http://panasonic.biz/projector/lb80nt/index.html

発売
2008年5月26日
販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

オフィス、学校

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

●ビジネスパーソン及び教育者がスムーズで安定した会議/授業を行う為に、明るさ長持ちという基本性能を進化させる。●天井つり設置での安心/安全/かんたんを実現し、経年劣化に伴う落下などの危険要因やPCとの接続容易なソリューションを提案する。●PCのワイド画面化/ワイヤレス化といった関連機器の市場変化に対応するソリューションを提案する。

デザイナーのコメント

●明るさ/コントラスト等の基本性能を進化させながら、地球環境の視点から「長持ち進化」をデザインした。新規採用のタッチセンサーは防塵効果によるランプ寿命/汚れの拭き取り易さ/外観の美しさ/新製品感を向上させ、高次元でバランスさせる事に成功した。●接続PCの変化、消費電力削減目的の環境配慮建築での明るい部屋、災害時の安全性をソフトウェア提供/GUI/天つり金具などで対応し、豊かな生活をサポートする。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

●北米/欧州/アジア/日本のビジネスパーソン/教育者が、中小会議室及び教室でPCを使用したプレゼンテーションを行うシーンを想定。●映像を出力する機器は画面縦横比4:3に加え16:9のワイドモニターとワイヤレス性能を備えたPCを使用する事を想定。●その場の机でセッティングを行う「都度設置」と天井に備え付けて使用する「天井つり設置」を想定。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

●明るさ3200lmとデイライトビュー4機能により明るい環境でハッキリした映像を投影●筐体全体を覆う防塵デザインと高捕集率実現のマイクロカットフィルターで前機種に比べ明るさ維持3倍●ポータブルモデルでは業界初のワイド画面タイプをラインナップ●ワイヤレス使用時に接続可能機器を判り易く表示するGUI搭載のワイヤレスマネージャーME5.0を提供●都度/天井つり設置時に持ち易く空間調和する上下対象フォルム

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

1、落下防止機能(金属締結)を備えた天つり金具(ET-PKB80)を開発。 2、ACコード抜け防止機構(特許出願中)を実装。 3、環境照度適応型の画質補正技術「デイライトビュー4」により明るい環境で、ハッキリした映像投影が可能。 4、中国モデル専用にフィルター性能を向上させる「専用外付けフィルター」を開発。 5、「スキマ」を抑えたシンプルデザインと、シルバーカラー筐体での空間調和性を実現。

その問題点に対し、どのように対応したか

1、天井つり設置時の落下防止など安全の徹底。 2、電源コード半抜け状態によるショートする危険性の改善。 3、消費電力削減を目的とした環境配慮建築に於ける明るい部屋での画像品質確保。 4、中国地域での黄砂/粉塵によるフィルター目詰まりが原因での使用可能時間の低下。 5、近年増加する洗練されたオフィスとのマッチング。

ページトップへ