GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
プロジェクター [EB-G5350/ EB-G5200W/ EB-G5100]
事業主体名
セイコーエプソン株式会社
領域/分類
移動・ネットワーク領域/情報の移動 - 産業・公共用の情報機器
受賞企業
セイコーエプソン株式会社 (長野県)
受賞番号
08C15021
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

高い基本性能とデザインを両立し、設置やメンテナンスの容易さを追求したハイエンドプロジェクター。高開口率化を実現した最新デザインルール(D7プロセス)の液晶パネルを搭載し、5000lmの明るさを実現。縦横レンズシフト、1.8倍高倍率標準レンズ、天吊り設置を考慮したレンズセンターデザインにより設置にかかる時間と手間を軽減。更にワイドパネルを搭載し、通常パネル比約1.3倍の情報を表示することが可能、情報投影の効率向上に寄与しています。多くのオフィス空間と調和するスマートなデザインを目標とし、空間に調和する白の筐体色、ユーザーに圧迫感を与えないよう薄くコンパクトに見える形状を目指しました。

プロデューサー

セイコーエプソン株式会社 映像機器事業部

ディレクター

セイコーエプソン株式会社 情報機器事業本部 機器デザインセンター 酒巻 功

デザイナー

セイコーエプソン株式会社 情報機器事業本部 機器デザインセンター 川部 源太

詳細情報

http://www.epson.jp

発売予定
2008年6月30日
価格

698,000 ~ 848,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

企業・学校他の使用シーンにおいて柔軟な設置を可能にし、高品質大画面情報投影と管理・維持に必要なTCO削減の実現。レンズセンター、薄くコンパクトに、ケーブルカバー一体といった高品質なデザインを目指すことで天井設置後の見栄えがよく、プロジェクターの存在感を目立たせない、空間と調和した設置を望むユーザーに提供でき、更に高い基本性能も併せ持つことで価値ある商品の実現を目標としました。

デザイナーのコメント

この製品に関わる人たち(実際にプレゼンをする人だけでなく、販売する人、オフィス等を設計する人、設置・施工する人、メンテナンスや管理をする人)に使いやすく満足度の高い価値ある商品になるデザインを目指しました。それぞれの人たちが関わるシーンへの気配りを積み上げることによって高い基本機能を実現し、更にそれをデザインによってスマートに表現することで機能と形の両立を目指しました。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

企業や官公庁での会議・研修・プレゼンテーションや大学での講義・セミナーで使用するオフィスワーカーや先生。店舗等でのサイネージ使用。また、プロジェクターを含めた機器・設備を管理する管理者やプロジェクターの販売および設置までを行うAVディーラーや設置業者等、販売、設計、設置、実使用、メンテナンス、管理といったプロジェクターに関わる人達。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

高輝度、高画質、ワイドパネルによる通常パネル比約1.3倍の情報表示やワイヤレス接続等によりスマートなプレゼンテーションを実現。プロジェクターの存在を感じさせない空間に調和した設置を望むユーザー(や設計デザイン事務所)に向けた高いデザイン性。設置業者やAVディーラー等の設置の手間や時間を削減する高い設置性。光学エンジンの長寿命化によりメンテナンスサイクルを伸ばすことで管理・維持に必要なTCOの削減。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

・外装ケースの多くを塗装レス化することによってリサイクル性の向上と有機溶剤の不使用により環境破壊を低減。・光学エンジンの長寿命化により製品寿命を伸ばすとともにメンテナンスサイクルも伸ばすことで管理/維持に必要なTCOを削減。・高い光の利用効率により同クラスの従来機と比較して消費電力を10%削減、また待機電力も0.4Wと自社他機種に比べ大幅に削減。・鉛フリーはんだを使用し鉛使用0を目指す。

その問題点に対し、どのように対応したか

・リサイクル性の向上。・製品寿命の長寿命化。・消費電力削減による温暖化防止。・鉛はんだによる自然環境の汚染、人体への悪影響防止。

審査委員の評価

レンズセンターの意匠は誠実で清潔感があり、天井吊りの際の造形に工夫が見える。つまみの深さなど操作系にも工夫が加えられており、高いレベルの意匠でさまざまな問題点を解決している。

担当審査委員| 戸島 國雄   平田 喜大   平野 哲行   山崎 和彦  

ページトップへ