GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ポータブルナビゲーションシステム [ミニゴリラ NV-SB360DT]
事業主体名
三洋電機コンシューマエレクトロニクス株式会社
領域/分類
移動・ネットワーク領域/情報の移動 - 家庭で使う情報機器
受賞企業
三洋電機株式会社 (大阪府)
受賞番号
08C14048
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

●4GBSSD(Solid State Device)搭載の4.5インチポータブルナビゲーションシステム。●充電式バッテリー内蔵。●ワンセグ留守録・ナビ音楽同時動作・FMトランスミッター搭載などによるAV機能の充実。 ●CO2削減や環境にやさしい運転を評価する「エコドライブ情報3」搭載。●万一、盗難にあっても個人情報の流出を防ぐ「セキュリティーコード」搭載。 ●WEB連携機能でインターネットのサイトから最新ドライブ情報を入手。

プロデューサー

三洋電機コンシューマエレクトロニクス株式会社 取締役 車載機器事業部長 和木幸雄

ディレクター

三洋電機コンシューマエレクトロニクス株式会社 車載機器事業部 デザイン部 部長 関野元

デザイナー

三洋電機株式会社 マーケティング本部 アドバンストデザインセンター グローバルデザイン部 川内敏也+三洋電機コンシューマエレクトロニクス株式会社 車載機器事業部 デザイン部 横山正雄、山野拓哉

詳細情報

http://www.sanyo.co.jp

発売
2008年4月21日
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

この商品は充実したナビ機能・AVエンターテイメントと共にドライビング時にCO2削減を啓蒙し、さらに盗難防止抑止の為の仕組み等を通じて、家と外そして環境のつながりをユーザーと共に楽しんで頂くための様々な工夫を凝らすことで新しいコミュニケーションを生み出す商品となることを目標としました。一週間10番組の予約録画可能なワンセグやインターネットを利用したドライブ計画を始め新しいナビの楽しみ方も提供します。

デザイナーのコメント

利用者に対して誠実なデザイン・プロダクトであること。多くの機能を搭載したコンパクトなナビゲーション端末であるからこそ、利用者に対して情報を確実に伝え、手に取って素直に喜んでもらえるように端正で正直な造形がみえるデザインを心がけた。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

20?40代の時流や環境問題に敏感なユーザーをターゲットとしています。それと同時に車で、自宅で、外出先でAV機能をアクティブ使いたいと望むひとたち。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

携帯サイズのボディー中に4.5 型ワイド画面のタッチパネルと4GBのSSDを採用しナビゲーション地図を表示しながらワンセグ放送や音楽も聴ける同時動作を新規開発した「GORILLAエンジン」によって実現させ従来のナビゲーション以上のエンターテイメントを提供。さらにドライビング時に快適と安心をサポートするCO2排出量の評価や盗難多発地点警告なども表示、ユーザーとのコミュニケーションが広がります。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

「エコドライブ情報3」機能で運転中の加速や減速・アイドリング時間などを、GPS信号を基に計算し、急加速・急減速・長すぎるアイ ドリングなどを音声と画面表示で知らせたり、計算データを5段階で評価し日付ごとのエコドライブ評価履歴やグラフとして表示することができます。この機能によって、環境の事を考えた燃費の良い運転を普段からユーザーが意識し、身に付ける手助けになることを望んでいます。

その問題点に対し、どのように対応したか

地球温暖化の大きな鍵を握るCO2削減。日本でのCO2排出の2割強が運輸部門によるもので、温暖化防止への大きな要素となっています。自動車から道先をナビゲートするだけではなく、ユーザー自身が環境問題に対してきづき、興味を持って頂けるようにこの商品を通じて提案して行きました。

審査委員の評価

SSDナビの牽引役であるゴリラシリーズの新作。4GBのメモリにHDDナビに劣らない情報を収容しており、小型にも関わらず十分な機能を有している。ルート検索、スクロール、タッチパネルのレスポンスなど、どれを取っても軽快で満足の行くものとなっている。また、AV機能やWEB連携機能なども充実しており、ポータブルナビの新しいベンチマークとして期待できる。画面サイズに対してベゼル幅が大きくなってしまった点が、外観では残念な点である。

担当審査委員| 山中 俊治   天沼 昭彦   芝 操枝   戸谷 毅史  

ページトップへ