GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン金賞

受賞対象名
デジタルスチルカメラ [RICOH GR DIGITAL II]
事業主体名
株式会社リコー
領域/分類
移動・ネットワーク領域/情報の移動 - 個人が使う情報機器
受賞企業
株式会社リコー (東京都)
受賞番号
08C13067
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

プロカメラマン、写真撮影を趣味とするハイアマチュアのサブカメラ ■画像の隅々まで冴えわたる解像感と低収差の「GR LENS」搭載。F2.4/f=5.9mm (35mm判カメラ換算28mm)■堅牢で軽量なマグネシウムダイキャストボディーは薄さ25mm、ポケットに入るスリムなフォルムを実現■「GR LENS」の解像力を引出す、有効約1001万画素1/1.75型CCD■画像モニターを見ながら水平出しができる電子水準器搭載■卓越したカスタマイズ性と操作性を誇るFn(ファンクション)ボタンやマイセッティングモードは前身機からの進化■オートによる誤操作を防ぐ手動ポップアップ式内蔵フラッシュ搭載

プロデューサー

株式会社リコー パーソナルマルチメディアカンパニー カンパニープレジデント 湯浅 一弘

ディレクター

株式会社リコー 総合経営企画室 総合デザインセンター 百瀬 明

デザイナー

株式会社リコー 総合経営企画室 総合デザインセンター 奥田 龍生、栗田 正博、諸星 博、高野 麻由

詳細情報

http://www.ricoh.co.jp/dc/gr/digital2/

発売
2007年11月22日
販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

■使用者:プロカメラマン、写真撮影を趣味とするハイアマチュアユーザー ■価値・魅力:1.手になじみ、飽きのこない、シンプルなデザインは“表現者のための道具”として前機種から正統進化し愛着を感じ長く使っていたくなる 2.撮影者の意図に合わせて撮影メニューをスピーディに設定できるため、より集中して撮影を楽しめる 3.堅牢で軽量なマグネシウムダイキャストボディーは安心してカバンやポケットに携帯できる

デザイナーのコメント

発売以来、多くの人々に支えられてきたGRシリーズが、これからも“表現者のための道具”であり続けるためには、使い込んで手に馴染んだ部分を残しつつ、より快適に写真撮影が行えるように細部の改良や新機能の追加を重ね、道具としての完成度を高めていくことが大切であると考えた。むやみに新しくせず、大切なことは守り、進化させていく部分を見極めることも、「正統進化」と呼びたい良い商品作りに必要なことだと思う。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

■使用者:プロカメラマン、写真撮影を趣味とするハイアマチュアの愛好家。■環境:屋内外、シャッターチャンスを逃がさないために常に携帯できるカメラ。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

■高画質でコンパクトなデジタルカメラを提供することにより、常時携帯して撮影することが可能。時間と物理的制約による一眼レフでは撮れない環境下での新しい写真の楽しみ方を提供。■よく使う機能をあらかじめFn(ファンクション)ボタンに登録することができるので、機能の切り替えや呼び出しが瞬時に行え、使いやすさが大幅に向上。突然のシャッターチャンスにも機敏に対応できる。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

■表面的な新しさを追求せず、前身機の市場評価に基づき、操作性向上、機能向上する部分のみ改良、進化をさせることで“表現者のための道具”としての完成度を高め続ける。■長期使用に耐えるための外装素材として堅牢、軽量なマグネシウムダイキャストを採用している。■いつまでも最新の機能が載せられるように、リコーホームページから最新仕様のファームウエアをダウンロードしてアップデートできるサービスを実施。

その問題点に対し、どのように対応したか

■写真文化としてのCandid Photo(スナップ写真)をより深く追求できること。■より多くの人が撮影しやすいように、色覚アクセシビリティーを考慮すること。■存続可能な地球環境を目指し、コモディティー化しない長く使える道具であり、長期間(前機種GR DIGITALは2年間)に渡り販売すること。

審査委員の評価

2005年からのデザインを継承しつつも、性能と機能面を進化させている。ハイアマチュアを中心としたユーザーの声をもとに、新たに追加された電子水準器、カスタマイズ可能なファンクションボタン、豊富なアクセサリー類の改良追加など、他のデジタルカメラにない魅力的なデザインである。GR独自の世界観と企業のカメラデザインへの姿勢を効果的に表現している点が、高く評価された。

担当審査委員| 村田 智明   朝倉 重徳   高尾 茂行   武田 徹   塚本 カナエ   廣田 尚子  

ページトップへ