GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
ボードゲーム [ベストオセロ]
事業主体名
株式会社メガハウス
領域/分類
社会領域 - 教育・人材育成に用いられる機器・設備
受賞企業
株式会社メガハウス (東京都)
受賞番号
08B10036
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

日本発の、世界で愛され続けているボードゲームの新しいスタンダードデザインです。お客様に最初に手に取っていただける、ちょうど良いサイズを目指して開発しました。打ち心地の良い石(ゲーム用のコマの呼び名)と盤面のサイズバランス、石の収納部を一体化したコンパクトな本体が特徴です。内蔵された石のケースは、蓋を開けたときには石を取り出しやすく、閉じたときには本体のフォルムにすっきりと馴染むようデザインしています。遊びやすく、片付けるときも美しい新オセロです。

プロデューサー

株式会社メガハウス 第3事業部企画第一チーム リーダー 押尾 雅弘

ディレクター

有限会社オッティモ 代表取締役 山本秀夫

デザイナー

有限会社オッティモ 山本秀夫、瀧下琢弥

詳細情報

http://www.megahouse.co.jp/

発売予定
2008年9月21日
価格

2,800円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

盤を用意すればすぐ遊び始められるよう、石の収納部を本体内に設けることに加え、本体のコンパクト化と遊びやすい盤面サイズの両立を目標としました。定番オセロとして、長く広く愛されるデザインを目指しました。

デザイナーのコメント

ボードゲームはゲームのしやすさと片付けやすさが大切です。新定番となるオセロのために、コンパクトでありながら打ち心地の良い、盤面と石のサイズバランスを追求しました。盤には石の収納部を設け、ゲーム中はプレイヤーが石を取り出しやすく、保管時には片付けやすい極めてコンパクトなサイズとしています。収納部はゲーム時でも保管時でも盤本体のシンプルなフォルムを崩さないことを目標にして一体化しました。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

初めて「オセロ」を購入しようと考えている方。改めて「オセロ」を購入しようとしているすべての方を想定しています。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

打ち心地の良い石と盤面のサイズバランス。本体に石を収納する構造により、本体を用意すればすぐにゲームを始められること。片付けやすいコンパクトさなどです。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

石を他の機種との共用品とすることにより、生産コストを抑え国内生産を守ることができました。石は共用ですが、盤面のサイズを見直し、「ベストオセロ」の名に恥じぬ打ち心地の良さを誇っています。

その問題点に対し、どのように対応したか

オセロ発売から35周年。日本発の誰でも楽しめるボードゲームとして全世界で愛されています。この定番ゲームの発信国として、遊びやすさと片付けやすさを兼ね備えた新しいスタンダードデザインを確立することが必要でした。また、生産拠点を海外に移す製品が多い中、オセロは国内生産を死守しようとしています

審査委員の評価

安価なボードゲームとは思えない基本を押さえたデザインの仕上がりは秀逸。特にケースを閉じた時の、丸みを帯びたシルエットが美しい。コマの大きさ、重さ、盤面の大きさ、収納部のフタのおさまり具合などすべてが適切。保管時は収納のフタがコマのがたつきを抑え、ゲーム時にはコマの半分が出るようにして手に取りやすくするなど、ユーザーの立場に立った細やかな配慮を優れた技術で実現した点も評価できる。

担当審査委員| 森山 明子   大月 ヒロ子   福田 哲夫   渡辺 誠  

ページトップへ