GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
オフィスビル [Esq広尾]
事業主体名
三橋興産株式会社
領域/分類
産業領域 - オフィス・商業施設、生産施設
受賞企業
株式会社テレデザイン (東京都)
受賞番号
08B09026
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

広尾に立つ地上8階建ての賃貸オフィスビル。都市において横行する坪単価至上主義の無機的な都市の賃貸ビルに陥らない、都市の環境や魅力を享受し働くことや住むことの喜びを感じられる新しいオフィスビルのプロトタイプである。面積効率・経済性を考慮したシンプルなプランニングと構造をベースに、約3mの天井高・風景と光を取り込む3面開口・フローリングの床・ペントハウスと屋上テラスなどの居住性を高める工夫を融合。“都市の快楽”を取り込んだ新しいスタイルの都市型小規模オフィスビルとして実現した。

プロデューサー

株式会社スピーク

ディレクター

田島則行+納村信之+テレデザイン

デザイナー

田島則行+納村信之+テレデザイン

(左)田島則行 (右)納村信之

詳細情報

http://www.tele-design.jp/mt-blog/03-works-200711-esq.html

竣工
2007年11月15日
設置場所

東京都港区南麻布

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

経済効率のみを優先してファサードのみに化粧を施したステレオタイプのペンシルビルとは違う手法で、固有の空間価値・都市で働くことのメリット・機能性を備えたデザインを実現し、それを新たな付加価値として東京の小規模オフィスビルの新たなプロトタイプを提示すること。

デザイナーのコメント

中小規模のオフィスビルにおいて、個性や付加価値の高いものが少ない、という認識からスタートしたプロジェクトである。このプロジェクトの敷地は、都心には珍しく周囲に比較的開けており、近隣の公園の緑や六本木ヒルズのパノラマが広がる環境となっている。この“都市にあること“の快楽を実現させるデザインを生み出し、実行することが成功の鍵であった。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

5人?15人ぐらいの企業。個性や感性に価値を見出す人や企業であり、実務的空間の価値よりも、都市やその「場」のもつ感性/高揚感に価値を見いだしてくれるような企業/人。また、そういった空間の価値をもった「場」をプレゼンテーションとしても利用する人や企業。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

外苑西通りに面した環境でありながらも、広尾の丘を望む都市の周辺環境を生かした、都市の風景や緑を臨む眺望、約3mの高い天井高、素材感のあるフローリングがオフィスの居住性、気持ちよさを提供。感度の高い企業の創造力を喚起し、クリエイティビティの向上にも寄与している。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

効率・機能を重視するのではなく、気持ちよさ・ゆとり・存在感と言った数値化できない要素に着目した。具体的には屋上テラス、高い天井高、パノラマが広がる開口部、素材感のある仕上など、「デザイン」や「空間」という数値化できないファクターが重要な付加価値として認識され、さらには不動産事業上の収益にも結びつくことが重要であった。

その問題点に対し、どのように対応したか

・西麻布と広尾の中間点にあたる、この2つの大人の街に挟まれた敷地周囲の没個性的で、特色のないストリート。・経済性を追求したステレオタイプの平板な建築が大多数を占めるペンシルビルというビルディングスタイル。・働く人を第一に考えた執務空間を持つ良質な小規模オフィスが圧倒的に不足しているオフィス事情。・坪いくらという数値でしか空間の価値を判断できない不動産業界を支配する坪単価至上主義。

審査委員の評価

計画全体には事業性を優先させた穏やかな手法がとりいれられているが、ファサードの、透明/不透明のコンポジションをデザインするだけで、とても楽しげな印象を獲得している。リボンのような壁がうねうねと床になったり壁になったりしながら上昇していく様は、建築に興味のない人の心でも高揚させる効果があるのではないだろうか。その高揚感は最上階のペントハウスで最もよく現れており、道路からみて「行ってみてたい」と思わせるような快楽性にあふれている

担当審査委員| 安田 幸一   乾 久美子   川上 元美   北山 恒  

ページトップへ