GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
交通管制システム [首都高速道路中央環状新宿線(山手トンネル)交通管制システム]
事業主体名
株式会社東芝+首都高速道路株式会社
領域/分類
産業領域 - ソリューションビジネス、サービスシステム
受賞企業
株式会社東芝 (東京都)
首都高速道路株式会社 (東京都)
受賞番号
08B08018
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

首都高速道路中央環状新宿線は、首都圏の自動車交通の流れを抜本的に変革する目的で地下部に整備された総延長11kmの世界的にも類を見ない大規模な都市内長大トンネルです。渋滞の大幅減少、二酸化炭素削減、そして万一の事故や火災に備え、最先端の防災設備を備えた専用の交通管制システムを開発導入しました。監視カメラ370台(総延長時)でトンネル内全域の状況を監視。異常が発生した時には管制室にアラームで知らせる仕組みによって、迅速な対応が可能となりました。ドライバーへの情報板や専用の警報板も通常のトンネルよりも多く設置され、交通事故などの発生地点までの距離を含めた細やかな注意喚起を実現しています。

プロデューサー

首都高速道路株式会社東京建設局 施設工事グループ 工事長 大塚明、上級メンバー 沼田安史、調査・環境第一グループ 担当マネージャー 田沢誠也、上級メンバー 岡野孝司

ディレクター

株式会社東芝 道路システム技術部 主務 渡辺知英、デザインセンター 参事 伏屋信宏

デザイナー

株式会社東芝 道路システム技術部 村野剛教/デザインセンター 参事 宮武浩、主務 清水秀人、主務 中村唯郎、菱木大河

利用開始
2007年12月22日
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

渋滞緩和、都市部の環境改善、そしてお客様の安全確保を陰から支えることです。

デザイナーのコメント

お客様の要求や社会的要請を洞察し、早期にコンセプト及びサービスアイデアを可視化させることで、数多くの関係者の共感醸成。ひとつの目的に向かって、多様な知をまとめ、求心力をつくり出せるように努めました。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

トンネル内の事故およびそれに伴う火災発生を想定しています。また、利用者には、複雑な首都圏の高速道路に不慣れなドライバーを想定しています。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

事故発生時には迅速に対応可能な機能を新しくシステム化することにより二次災害を防止します。トンネル内の火災発生時には、10分以内にドライバーが避難できるよう、防災システムとの連携をとりました。また、閉鎖空間でも安心して運転できるような分かりやすい情報を提供します。死角のできやすいトンネル内にはテレビカメラの設置位置を工夫し、走行状況を24時間把握します。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

山手トンネルにより目的地に合わせたルートの選択肢が広がります。交通量の把握、ドライバーへの情報提供などによる的確な交通管制により渋滞を緩和し、二酸化炭素の排出削減につなげます。

その問題点に対し、どのように対応したか

ドライバーの渋滞時のストレス軽減と二酸化炭素など環境負荷軽減への寄与が課題です。

審査委員の評価

首都高速道路中央環状線は、総延長11kmと世界にも類を見ない長さの都内を走るトンネルである。もし事故が起きた場合、地上とちがい、後続車両を迂回させることは困難であるため、小さな事故が全体の交通システムを麻痺させるアキレス腱にもなりかねない。したがって、事故の回避、事故が起こったときの早急な対処を可能にするシステムが必要不可欠であった。今後、世界中に東京のような大規模な都市は増えていくと予想され、その中での移動を滞りなく可能にする交通管制ソリューションの位置付けは、より重要なものになっていくであろう。

担当審査委員| 紺野 登   國澤 好衛   西山 浩平  

ページトップへ