GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
集合住宅 [イニシアイオ横濱関内]
事業主体名
株式会社コスモスイニシア
領域/分類
生活領域 - 戸建て住宅、集合住宅
受賞企業
株式会社コスモスイニシア (東京都)
受賞番号
08A05085
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

計画地はJR「関内」駅より徒歩4分の利便性の高い立地の50世帯のコンパクト型集合住宅です。居住者の家族構成やライフスタイルから、住まいの空間をプランニングするのがセオリーですが、その考え方を前提としつつも、都市居住そして昨今の社会現象の主人公である女性単身の住まい手に向けての住空間創造がこのプロジェクトのテーマです。日常の生活現象、及びそれに付随して必要とされる収納価値、動作環境に関して、徹底した居住シーンのリサーチや仮説トライアルを経てこの住宅は誕生しています。

プロデューサー

株式会社コスモスイニシア 横浜支社

ディレクター

株式会社コスモスイニシア 横浜支社 建築監理部

デザイナー

株式会社三輪設計事務所東京支社+リンク・デザイン・ソリューション株式会社+女性のための快適住まいづくり研究会

利用開始
2007年9月27日
販売地域

日本国内向け

設置場所

神奈川県横浜市中区

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

賃貸ではなく所有し自らが居住する単身女性が都市部において増加しています。「シングル女性のための生活納得感の高い住空間の実現」をテーマに、女性特有の選択視点から生活の細部に配慮された機能・利便性を重視し、住宅モジュールを全て見直し、真に使いやすい住宅をリデザインしています。所有型女性シングル居住者の増加状況に訴求できる細やかな配慮・大きな日常の納得感を具現化していくことを目標としています。

デザイナーのコメント

昨今集合住宅はデザイン性が高くなりましたが、機能的に細部に渡った設計配慮がどこまでされているのかが疑問でした。今回は創り手を女性担当者で構成し、女性ユーザー視点によるきめ細かなこだわりの住宅創造をしたいと考えました。女性を対象とした社内アンケート調査や自らの生活を振り返りながら度重なるディスカッションを経て作り上げた住まいは、所有・自己居住・女性単身ユーザーに贈るひとつの形と考えます。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

賃貸ではなく所有し自身が居住するシングル女性を想定としています。単身女性のマーケット調査に加え、女性担当者で構成されたディレクター・設計者・インテリアデザイナーにより、主観的・客観的な考察を加え、きめ細かな「あったらいいな」「何故今までこのように造られていなかったのだろう?」をひとつひとつ具現化しました。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

収納価値に関しては、従来の漠然とした単位モジュールを口紅・ヘアスプレーのレベルから見直し単位モジュールをリデザインしていくことで、必要なアイテムが必要な場所に必要な量収納できる納得間を実現しました。また、収納モジュールも見直し、室内空間を有効的に使えるような工夫や「あったらいいな」という造り込みを具現化し、働きながら心地良く居住する生活価値を実現しました。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

外観は、働く女性の凛々しく個性豊かな像を具現化する外観デザインに取り組みました。安全面ではセキュリティーレベルを高め、快適面では口紅モジュールからの住空間のリデザイン・リモデル化に取り組みました。個性を醸し出しながらも商業エリアの街並みと調和し、住み手にとっては住宅の広さは狭いながらも、細部に日常の納得感を感じ、空間を大らかに住みこなせる住宅ユニットを創造できたと思います。

その問題点に対し、どのように対応したか

関内駅前という利便性の高い立地である反面、雑然としていて決して環境がよいとは言えない街並みに、女性単身居住者が安心して心地良く居住できる集合住宅の創造が課題でした。加えて、都市部で増加する所有し自ら居住する女性単身ユーザーにとって、安心と納得感の高い居住空間がまだ整備されていないことも社会的課題と考えています。

審査委員の評価

自立する単身女性のために特化した分譲住宅である。賃貸ではなく所有し自身が居住するシングル女性を対象に、女性担当者で構成されたディレクター・設計者・インテリアデザイナーによって、きめ細かなデザインが展開されている。今後の展開も含め、都市における多様なライフスタイルを追求したひとつの回答として、高く評価したい。

担当審査委員| 難波 和彦   芦原 太郎   高橋 晶子   手塚 由比  

ページトップへ