GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
集合住宅 [mitezza C6(ミテッツァ シーロク)]
事業主体名
マツヤハウジング株式会社
領域/分類
生活領域 - 戸建て住宅、集合住宅
受賞企業
ナフ・アーキテクトアンドデザイン有限会社 (広島県)
受賞番号
08A05058
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

自転車ユーザー向け賃貸マンション。敷地は板橋区役所近くにあり、片側4車線で交通量の多い山手通りと、大山商店街に通じる小さな生活道路との間に挟まれている。性格の違う2つの道路をつなぐように、敷地を横断する第3の道「third way」を通し、建物へのアプローチを2方向とした。「third way」に面して建物のエントランスホールがあり、入居者が自転車のメンテナンスをする「サイクルピット」をホール内に設けている。空気入れ、作業スタンド、フォームチェックができる大きなミラー等を備えている。エレベーターはウォークスルー方式で、自転車の出し入れが簡単。各階で住戸に隣接して戸別の駐輪場を設けている。

プロデューサー

マツヤハウジング株式会社

ディレクター

ナフ・アーキテクト アンド デザイン有限会社 中佐昭夫+遠藤千裕

デザイナー

ナフ・アーキテクト アンド デザイン有限会社 中佐昭夫+遠藤千裕

中佐 昭夫(左)+遠藤 千裕(右)

詳細情報

http://www.mitezza-c6.com/

利用開始
2008年4月4日
販売地域

日本国内向け

設置場所

東京都板橋区東大山町

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

「自転車に乗ろう」をコンセプトに掲げている。環境・健康問題に対し、建物として何が出来るかを考えたとき、どのマンションにもある駐輪場や共用部を考え直すことで、入居者の意識や生活スタイルを少しだけでも改善する、ということを目標にした。建物立地は荒川サイクリングロードまで6キロ、皇居まで10キロと程よい距離にあり、直面する山手通りには自転車専用レーンが設置予定で、自転車に乗りやすい状況もあった。

デザイナーのコメント

建物の敷地は、板橋区役所前駅徒歩3分の便利な場所にあるが、新宿や池袋に近接しているわけではない。また直面する山手通りには2階建ての首都高速が走り、周辺環境が必ずしも良いとはいえない。しかし積極的に自転車に乗ることを前提にこの立地を捉え直してみると、どこからも少々遠いことが、実は距離的に程よいことになる。山手通りも、実は自転車に乗りやすい。発想の転換で、マイナスをプラスにしたいと考えた。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

環境・健康問題への意識の高まりで、増加傾向とされる自転車ユーザーを想定した。単に乗るのではなく、趣味や目的意識を持って乗っていて、生活全般への意識を高く保とうとしているユーザーを想定した。将来的に自転車ユーザーになりたいと考えている、あるいは興味があるというタイプのユーザーも想定範囲に含めている。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

自転車に乗る生活が不足なく出来るようにすることはもちろん、自転車にこれから乗る人、乗らない人、様々な段階の入居者が不足なく生活できる建物を作ろうと心がけた。そのために、同様な賃貸マンションで標準となっている機能や設備は同様に備えている。入居者を限定するのではなく、入居者に幅のある選択肢を提供する、ということ。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

この建物は地球規模でみれば全く小さな存在だが、それでも120戸あり、「自転車」を軸に集まって住む各個人同士で小さな社会・文化をゆるやかに形成できる素地がある。エントランスに設けた実用的なサイクルピットは、自転車利用者にとってコミュニティスペースになり得るし、あるいは玄関脇に設けた自転車置場を挟んで、近所同士の会話が成り立つかもしれないという期待をこめた。

その問題点に対し、どのように対応したか

CO2の削減、資源の再利用など、地球環境を考える上でやるべき事柄や具体的な数字目標があるが、その実現如何は、地球上で生活する各個人の手にゆだねられている。それは同時に、各個人が属する社会や文化によって支えられるものであり、であればこそ環境配慮に向けた社会・文化の育成と成熟が課題だと考えている。

審査委員の評価

自転車ユーザー向けというユニークな賃貸マンションである。集合して住まうメリットを上手く自転車をテーマとして成立させ、地域・環境問題にも眼差しが向けられている。

担当審査委員| 難波 和彦   芦原 太郎   高橋 晶子   手塚 由比  

ページトップへ