GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
住宅(+事務所+店舗) [西木倉の家]
事業主体名
廣田悟建築設計事務所
領域/分類
生活領域 - 戸建て住宅、集合住宅
受賞企業
廣田悟建築設計事務所 (東京都)
受賞番号
08A05040
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

職住一体の事務所・店舗併設型の住宅。敷地は地方都市郊外の幹線道路に面しているが周辺に建物は殆どなく水田が遠くまで見渡せる。明確な特性を持たない敷地に対してほぼ正方形の平面を持つボリュームを敷地中央に配置した。1階にはオフィス・ラウンジ・ショップを円環状に配置し、アプローチ・エントランスが南北にそれを貫いている。2階にはリビングや寝室等のプライベートな空間が円環状に配置され、それを挟むようなかたちで南側と北側に外部空間が配置されている。3階のロフト・ギャラリーは建主のコレクションの展示空間であり、アクリル複層板や大小の開口部により適度な距離感をもってお互いを補完しあっている。

ディレクター

廣田悟建築設計事務所|廣田悟

デザイナー

廣田悟建築設計事務所|廣田悟

廣田悟

詳細情報

http://www.hirotaa.net/

利用開始
2008年4月21日
販売地域

日本国内向け

設置場所

茨城県那珂市

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

明確な方向性や特性を持たない曖昧な敷地状況に対して、その土地のランドマークともなり得るような明快なカタチを与えることにより風景に新たな刺激を与えること、と同時に内部空間にあっては建主の多様な価値観を反映するような様々な素材や色彩を採り入れながら公共性・私性・趣味性をルービックキューブのように内包した空間がより快適でゆとりのある生活を実現する場になることを目指した。

デザイナーのコメント

完成まで2年間に渡って建主と多くの対話を繰り返しながら、郊外の風景に新たな価値観を想起するきっかけを提示できたのではないかと思っています。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

住宅:夫婦+猫 事務所:オーナー(住宅に居住)、従業員および取引先顧客

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

住宅:事業所と一体となった居住空間を実現。事務所:業務の利便性向上と取引先顧客に対するイメージアップ。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

その土地のランドマークともなり得るような明快なカタチを与えることにより風景に新たな刺激を与えることを目指した。

その問題点に対し、どのように対応したか

交通量は多いが拠り所のない敷地環境。

ページトップへ