GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
住宅+合宿所 [隙屋]
事業主体名
株式会社ナウハウス一級建築士事務所
領域/分類
生活領域 - 戸建て住宅、集合住宅
受賞企業
株式会社ナウハウス一級建築士事務所 (静岡県)
受賞番号
08A05036
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

温暖な浜名湖の環境なら「隙間だらけの納屋」でも住めるのではないかというのがこの家の出発点である。湖岸の景観をつくり、簡素だが豊かさを感じられる住まいである。時代に逆行するが、設備よりも建築、建築よりも人間の感性に重きをおいた。最小限のしつらえの究極のエコの家である。冬季は外壁からの日照を内部に蓄熱し、夏季には連窓を開放して湖面を渡る涼風を引き入れる。屋根は離瓦で瓦下の通気を図り、屋根面の温度を下げた。地階は湖へ開くトンネルから通風と採光と眺望を得る。視覚ばかりか潮騒や潮の香りが聴覚や嗅覚を刺激する。日が暮れると光が初源的な建築を浮かび上がらせ、今まで経験したことのない建築空間へ飛躍させている。

プロデューサー

株式会社ナウハウス一級建築士事務所 代表取締役 鈴木幸治

ディレクター

株式会社ナウハウス一級建築士事務所 代表取締役 鈴木幸治

デザイナー

株式会社ナウハウス一級建築士事務所 代表取締役 鈴木幸治

静岡県出身。静岡文化芸術大学デザイン学部非常勤講師。

詳細情報

http://www.nauhaus.jp/

利用開始
2007年9月1日
販売地域

日本国内向け

設置場所

静岡県浜松市北区三ヶ日町都筑

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

温暖な浜名湖の風土を生かした簡素だが豊かな住まい。そこはおおどかであり、アノニマスで人を疲れさせない。しかし夜になると暮らしの光が建築の原型を浮かび上がらせ、経験したことのない空間へ飛躍させる。そこでは感情の高まりがあり、会話が弾む。この空間はコミュケーションをショートさせる触媒としての空間である。

デザイナーのコメント

現代の住宅があまりにも一律的で重装備な高気密高断熱になりすぎている。快適さを求めるばかり、自然から離れすぎ自然を破壊している。建築の価値観は横並びであり、地方の風土と文化に対する自覚と自信が建築の豊かさに繋がる。その土地でなければできない住まいを創りたい。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

クライアントは都会から離れ、高速道路からのアクセスが便利な温暖な浜名湖に住まいを求めた。至れり尽くせりでなく、簡素だが豊かさをしみじみと感じられる住まいを希望した。浜名湖なら「隙間だらけの納屋」でも住めるのではないかというのがこの家の出発点である。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

クライアントは自然の中の簡素で安らかな生活を求めていた。暖かい風土を利用して設備より建築、建築より人間の感性に重きを置いた。自然との間に強い境界をつくらず、みかん畑に囲まれた湖岸の景観に溶け込む住まいとして、おおどかで人を疲れさせないアノニマスな現代の民家が実現した。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

外壁は黒く塗装した杉板を目透かしで張り、高耐候性ポリカーボネートをビス止めした。耐用年数が過ぎれば簡単に取り替えられる。崖地を利用し、地下1階木造2階建てで地場の天竜杉を用いた。冬季は隙間から日照を内部に蓄積する。夏季は吹抜けの連窓を開放して湖面を渡る涼風を引き入れエアコンは使用しない。屋根は「離瓦」を使い瓦下の通気を図り新機能とデザイン性を得た。北面と西面は通路を利用してダブルスキンとした。

その問題点に対し、どのように対応したか

現代の住宅は目先の快適さを求めすぎ、自然から離れるばかりか自然を破壊している。一律的に重装備な高気密高断熱になり、地域性が希薄になっている。住まいは至れり尽くせりでなくていい。風土をもっと丁寧に観察し、その土地でなければできない住まいでありたい。地方の「風土と文化の自覚と自信」が豊かな建築に繋がる。建築の価値観は横並びにあり、どの地方の建築も固有のバックボーンを持つか否かで評価されるべきである。

ページトップへ