GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
ワイヤレス ドアホン [VL-MWN350]
事業主体名
パナソニック コミュニケーションズ株式会社
領域/分類
生活領域 - 住宅用設備
受賞企業
パナソニック株式会社 (大阪府)
受賞番号
08A04089
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

ワイヤレスモニター子機付きの家じゅう「どこでもドアホン」シリーズのIP対応ドアホン親機。当社のテレビ、DVDレコーダー、センサーカメラとLAN接続することで、玄関や駐車場の映像をドアホンだけでなくテレビでも確認、DVDレコーダーにも録画できる。携帯電話にも対応しており、いつでもどこでも手軽に自宅の『見守り』を実現することができる。『見守り』機器連携の中心となるドアホン親機。

プロデューサー

パナソニックコミュニケーションズ株式会社 コミュニケーションネットワークカンパニー 碕山 敏明

ディレクター

パナソニック株式会社 デザインカンパニー AVCネットワークデザイン分野 AVCNホームグループ 浅沼 敏計

デザイナー

パナソニック株式会社 デザインカンパニー AVCネットワークデザイン分野 AVCNホームグループ 塩谷 憲史、桑原 卓也

詳細情報

http://panasonic.jp/door/swn350/index.html

発売予定
2008年6月20日
販売地域

日本国内向け

設置場所

リビング、キッチンなど

問い合せ先

パナソニック株式会社 デジタルAVCマーケティング本部
URL: http://panasonic.co.jp/

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

防犯意識が高まっている昨今の社会状況の中、玄関や駐車場など敷地内の様子を室内や外出先から簡単に確認したいという要望に応えた製品。携帯電話や当社のテレビ、DVDレコーダー、センサーカメラとの連携を実現させることで、いつでもどこでも手軽に自宅の『見守り』を実現させることを目標とした。

デザイナーのコメント

環境に上質に調和することを第一にデザインした。多機能であるためにボタンの数は多いが、押しやすさを確保したままシンプルにまとめることに挑戦した。建築家などへのヒアリングでデザインの精度を高めていった。IP対応の最上位機種としてお客様に先進性と使いやすさを表現するために、ボタンの文字だけを光らせる処理を採用、使うべきボタンが明確にわかるように配慮した。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

防犯意識の高い家庭。防犯に興味はあるが、高額なシステムや専門知識が必要な機器ではなく、もっと手軽で簡単な商品を望んでいる人。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

防犯意識の高まりに合わせて玄関応対だけでなく、携帯電話や当社のテレビ、DVDレコーダー、センサーカメラの連携を実現させることで、いつでもどこでも手軽に自宅の『見守り』をできるようにした。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

家庭にある身近な製品で、簡単に自宅の見守りができる製品を実現し、世の中のより多くの家庭で身近に防犯対策ができるように対応した。

その問題点に対し、どのように対応したか

近年増加している犯罪件数に対し、家庭における予防と抑止の需要が高まっている。

審査委員の評価

家じゅう「どこでもドアホン」シリーズのIP対応親機の提案だが、LAN接続するテレビ、DVDレコーダー、センサーカメラなどのパナソニックならではの性能とデザイン性を総合的に評価した。システム自体に新規性はないが、専門知識や高額なシステムを必要とせず、手軽な見守りを可能にさせようという開発意図が見事に形になっている。

担当審査委員| 益田 文和   赤池 学   五十嵐 久枝   黒崎 輝男  

ページトップへ