GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
指紋認証システム [ドア機構セット]
事業主体名
グローリー株式会社
領域/分類
生活領域 - 住宅用設備
受賞企業
グローリー株式会社 (兵庫県)
受賞番号
08A04088
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

住宅設備メーカーの玄関ドア向け指紋認証システムです。本体に内蔵された小型カメラを用い、指紋等の画像データをIDとし、個人認証を行います。従来の指紋認証装置にあった残留指紋や衛生面での問題を、送信機の役目であるプリズムキーを個人で携帯し、使用することで解決しました。また、指紋以外でも携帯電話などに登録したQRコードを使用しての認証も可能です。ドアや住宅環境に調和したシンプルな外観を目指し、埋め込み式のフラットデザインとしました。携帯性に優れたプリズムキー、防水防塵フタのない認証部など、使い勝手に配慮しています。

プロデューサー

グローリー株式会社 流通・メディアカンパニー 開発・製造統括部 設計三部 部長 原 利之

ディレクター

グローリー株式会社 デザイン室 プロダクトデザイングループ グループマネージャー 小田 裕之

デザイナー

グローリー株式会社 デザイン室 プロダクトデザイングループ 加瀬 秀幸

発売
2008年5月20日
価格

293,800円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

戸建住宅向け認証装置として、長期に渡る毎日の使用を考慮し、1.シンプルで飽きのこないデザイン 2.ドアや住宅環境との調和 3.簡単でスマートな操作性を目指しました。

デザイナーのコメント

オフィス向けの生体認証ではなく、住宅用としてのあるべき姿を目指しました。長く使ってもらえるように、シンプルな造形と落ち着いたカラーリングで住宅環境との調和に配慮しました。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

戸建住宅において、高いセキュリティー性を求める方へ、住宅設備メーカーの玄関ドア向け指紋認証システムとして、ドアシステムへの組み込みを想定しました。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

従来の指紋認証装置にあった残留指紋による指紋再現(グミ指)の危険性や衛生面での抵抗感などの問題を解決したことで、一般住宅において安心して利用することが出来ます。埋め込み式のフラットデザイン、操作時だけ浮かび上がる表示など、住宅環境と調和したシンプルで飽きのこないデザインにすることで、長期に渡り使用することができます。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

従来の装置にあった認証部の指置き台をプリズムキーという形で携帯し、認証の際に指を添え認証部に差し込み指紋認証することで、問題を解決することが出来ました。

その問題点に対し、どのように対応したか

従来の指紋認証システムでは、装置本体に直接指を置き、指紋認証を行っていたため、残留指紋による指紋再現(グミ指)の危険性や、衛生面での抵抗感などの問題がありました。

審査委員の評価

すでに普及している指紋認証システムの高度化アプリケーションの提案だが、従来製品の課題であった残留指紋や衛生性の問題を、携帯性に優れたプリズムキーの採用や、防塵防水ふたのない認証部などのデザインで解決し、使い勝手の良さも併せて向上させた点が評価できる。

担当審査委員| 益田 文和   赤池 学   五十嵐 久枝   黒崎 輝男  

ページトップへ