GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
散水ノズル [水量調整アクアガン AGF-600T]
事業主体名
アイリスオーヤマ株式会社
領域/分類
生活領域 - 家庭用品
受賞企業
アイリスオーヤマ株式会社 (宮城県)
受賞番号
08A02038
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

レバーの握り具合に連動して、水量調整を可能とした散水ノズル。誰しも洗車や花の水やりの際に、水圧が強すぎて困ったことがあるはず。例えば、バケツに水を入れる際に水跳ねが多かったり、新しい芽が吹き飛んでしまったりと、そのような生活者の不満を解決する為に、レバーを強く握れば強く水が出て、弱く握れば弱く水が出る散水ノズルを開発。使用シーンに応じて、片手で簡単に水量調整しながら散水ができる為、節水対策にもなる。水流は用途に応じてキリ、カクサン、ジェット、ストップ、ジョーロ、シャワーの6種類が無間欠で切り替え可能。ホースを接続するコネクター部分は、ホースがねじれないように回転式となっている。

プロデューサー

アイリスオーヤマ株式会社 商品開発部 マネージャー 佐藤耕平

ディレクター

アイリスオーヤマ株式会社 商品開発部 マネージャー 土井進、リーダー 吉田利幸

デザイナー

株式会社デザイン・ホロン 代表取締役 田中堅四郎

発売
2008年3月21日
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

誰でも片手でラクラク散水をコンセプトに、水量調整が片手で行なえるように握りやすさとデザイン性を両立させることを目標にした。また、6パターンの水流の中でも特にシャワーの出方の綺麗さに力を注いだ。水の出方がやわらかくフワットと遠くまで広がるイメージ。花の水やりの際に水量調整出来れば、花びらを傷めることなく水やりが出来て、楽しく散水が出来て、さらに節水まで出来るのではとの思いでデザイン、設計した。

デザイナーのコメント

地球環境の変動と共に水資源もエコ対策の重要な要素になっています。その資源を無駄なく快適に使える道具にしたいと思いました。商品の特徴の一つである水量調整式レバーをソフトでクリーンなボディー形状と調和させながら、使い易い造形にデザインすることを考えました。見た目も持って使っても手の平に優しいデザインです。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

一般家庭に住んでいる生活者を対象とし、日常生活のなかで車を洗ったり、ガーデニングを楽しんだり、庭の水まきなどに使用することを想定している。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

片手で、しかもレバーの握り具合で水量調整ができる為、これまで生活者が散水の際に不満に思っていた、バケツに水を入れる際に水跳ねが多かったり、新しい芽が吹き飛んでしまったりといった悩みを解決できた。また、節水対策にも貢献できるため、水道代を少しでも抑えることができた。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

従来の散水ノズルは、一定の水量を出すタイプが主流であったが、家計の節約や地球環境といった視点から考えると、必要最小限の散水を行ないたいものである。そのような中で、レバーの握り具合に連動して水量を自由に調整でき、目視で水の量がダイレクトに確認できるので、水を使いたい分だけ簡単に出すことが出来る。生活者のために、散水ノズルで一歩ECO実現が出来たと確信している。

その問題点に対し、どのように対応したか

地球温暖化とともに、家計を圧迫している水・光熱費。節水対策で日常の家庭生活を少しでも工夫できれば安心である。そのような中で、ECOという視点で、洗車やガーデニングを考えた際に、必要な水の量を必要な分だけ使用出来れば、節水対策に貢献できるのではないかと考えた。

審査委員の評価

レバーの握り具合に応じて、水量を調整できる画期的な散水ノズルである。ホースがねじれないようにホースの接続部が回転式になっている等、徹底的に生活者の視点(デマンドサイド)に立ってつくられた観のあるデザインコンセプトが何より評価された。樹脂成形の出来映えも美しく仕上がっており、いつまでも飽きの来ないカラーリングも好感が持てる。

担当審査委員| 長濱 雅彦   安積 朋子   大島 礼治   サイトウマコト  

ページトップへ