GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
充電式ひざ掛け [エネループソフトウォーマー ENW-SW1S(W), ENW-SW2S(ST) “エネループユニバースプロダクツ”]
事業主体名
三洋電機株式会社 モバイルエナジーカンパニー
領域/分類
生活領域 - 家庭用品
受賞企業
三洋電機株式会社 (大阪府)
受賞番号
08A02009
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

地球環境に配慮したクリーンエネルギー社会実現を目指す製品群"eneioop universe products"の世界観を広げる『充電してくり返し使う』布製のポータブルウォーマー。充電式にすることでAC電源のない屋外や、車、オフィス等どこでにでも手軽に持ち運びが可能になり、様々なユーザーへの対応、使用シーンの拡大を目指した。インナー(ヒーターユニット)が簡単に取りはずしできるので、ひざ掛けとしてだけでなく、敷いたり、体の温めたい部分にあてたり、自由な使い方ができる機能提案のデザインとした。

プロデューサー

三洋電機株式会社 モバイルエナジーカンパニー カンパニー長 伊藤正人

ディレクター

三洋電機株式会社 マーケティング本部 アドバンストデザインセンター 水田一久、小田慎二、布垣明宏

デザイナー

三洋電機株式会社 マーケティング本部 アドバンストデザインセンター コミュニケーションデザイン部 ビジュアルデザイン課 乾紘美

詳細情報

http://www.sanyo.co.jp/eneloop/

発売予定
2008年10月10日
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

地球環境に配慮したクリーンエネルギー社会実現に貢献する為に、消費者の身近な生活の中で環境問題に気づきを与えること。

デザイナーのコメント

ファブリックが顔になるという商品特性から、生地選定、縫製方法、タグ等細部までアパレル商品であるということを強く意識してデザインした。ひざ掛けをあまり使用しない男性ターゲットも視野に入れ、従来のひざ掛けには使用されることのなかったレザー素材や北欧テイストの柄を取り入れることで、男女供にファッション小物として車内やオフィスなど多様なシーンで使えるデザインに仕上げた。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

環境意識の高い20代?50代の男女。従来のポータブル暖房機器のカイロやアンカより、もっと色々な用途に使用でき、より広い範囲をやわらかく暖めたいと感じている人。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

充電式なので車内やオフィス、学校などどこへでも持ち運んで手軽に使用できる。また、カイロやアンカではカバーしきれなかった体の広い範囲を温めることができ、インナーが取り外し可能なので多様な使い勝手に対応できる。従来のひざ掛けには使用されることのなかったレザーを使用したり、男女問わず人気の北欧風の柄にすることで、ひざ掛けをあまり使用しない男性にとっても使いやすいデザインに仕上げた。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

素材を樹脂製から布製にすることで、手のひらで包みこむぬくもりから体を包むぬくもりへと進化させた。また、アウター、インナー、コントローラーを別体として幅広い使用シーンに対応できるような構成とし、使用頻度を高め、愛着のわくデザインとした。

その問題点に対し、どのように対応したか

消費者の身近な生活の中で使われている製品を見つめなおし、更なる環境問題への「気づき」につなげればという視点を課題とし『充電してくり返し使える』カイロやアンカではカバーしきれなかった幅広い使用シーンやニーズに対応する提案をおこなう。

審査委員の評価

AC電源を使用しなくてもよい充電式であることが魅力。メーカーが目指す「ポータブルウォーマー」が、場所を選べず使える充電式にすることによって実現できた。こうなると操作部の重量などちょっとした点が気になるが、コンパクトかつ素材感もよく仕上がっており、現代ならではの“暖をとる”カタチを生み出しそうである。エアコン時代の新たな生活必需品に化ける可能性がある。

担当審査委員| 長濱 雅彦   安積 朋子   大島 礼治   サイトウマコト  

ページトップへ