GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン金賞

受賞対象名
ふきん [花ふきん]
事業主体名
株式会社中川政七商店
領域/分類
生活領域 - 家庭用品
受賞企業
株式会社中川政七商店 (奈良県)
受賞番号
08A02002
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

奈良の特産品、蚊帳生地でできた綿100%のふきん。今では生活様式の変化により、需要の減ってきた蚊帳生地。その特徴である吸水性、耐久性に着目し、ふきんとして商品化しました。花ふきんの特徴は大判で薄手であること。使うときはたたんで使い、干す時は広げて干す。場面に応じた使い方により、吸水性と清潔さの両立が可能です。大きいので、食器拭きはもちろん、かぶせる、包むといった生活のさまざまな局面で役立ちます。使い続けることでやわらかくしなやかになり、最後には雑巾として活躍します。

デザイナー

株式会社中川政七商店

詳細情報

http://www.hana-fukin.jp/

発売
1995年7月1日
価格

735円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

清潔で丈夫な使いやすいふきん。それでいて、使っていて気持ちのいいもの、毎日の家事が楽しくなるものを生活者の目線から作りたいと思いました。お気に入りの色が選べるように、全5色の展開をしていて、すべてに植物の名前がついています。(さくら、菜の花、若葉、すみれ、あじさい)

デザイナーのコメント

地元、奈良の特産品である蚊帳生地を活かして、綿100%の使い心地のよいふきんを作りたかったです。大判薄手にすることで、いろいろなサイズの器に対応し、水分を吸収しつつも乾きやすいという機能を持たせました。2枚の布地をあわせるための縫製は、ほつれにくさ、デザインの美しさを意識し、一本のミシン線でできた幾何学模様にしました。生活を彩る道具として愛用してもらえるよう、色合いにもこだわりました。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

暮らしの中でふきんを使う人全般。とりわけ、清潔さ、美しさに対する意識が高く、日々使うものにこそ、こだわりを持つ人。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

毎日を気持ちよく暮らすきっかけになっていれば、と思います。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

まずは使いやすさを優先させて何度も実験を繰り返しました。その上で、色のバリエーションを豊富にし、色合いにもこだわりました。また、ちょっとしたプレゼントにも使えるように、たとう紙で包装しました。

その問題点に対し、どのように対応したか

ふきんというと、お金を出してまで買わないイメージ。けれど、粗品のふきんでは気分も上がらないし、使いにくい…。毎日のことだから、使っていて気持ちのいいふきんで、小さなストレスをなくしたかったです。

審査委員の評価

夏に蚊帳を吊っている家はもうほとんど見かけないと思う。そのままでは廃れてしまう独特の素材の使い道が、このような機能性を備えた美しい道具になったことを評価したい。糊のきいた表情は贈り物としても品格があり、パッケージも日本独特の素材感、繊細さを表現している。一度洗濯されると、その柔らかさ、使い勝手に感心する。触れる事によって、本来わたしたちが持っている繊細な触感のことを思い出させてくれるような、そんな日用品があっても良いのだ、と驚かされた。

担当審査委員| 長濱 雅彦   安積 朋子   大島 礼治   サイトウマコト  

ページトップへ