GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
スキー競技用ヘルメット [スワンズ HMR-70]
事業主体名
山本光学株式会社
領域/分類
身体領域 - 趣味やスポーツに用いられる道具・機器
受賞企業
山本光学株式会社 (大阪府)
受賞番号
08A01060
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

スキー競技用ヘルメット。使用素材や構造の見直しにより、当社従来品(HSR-60)に比べ15%の軽量化を達成した。進行方向の投影面積を削ることで、より空気抵抗の少ない形状を追求して設計、デザインされたヘルメットである。ヘルメット内側は細かいフィッティングの調整が可能であり、良好なフィット感を得ることができる。これらは全て0コンマ秒を競うアルペンスキーヤーのパフォーマンス向上に貢献するためである。

プロデューサー

山本光学株式会社 代表取締役社長 山本為信

ディレクター

山本光学株式会社 商品企画部 船本富広

デザイナー

山本光学株式会社 商品企画部 富永浩史、羽手原真一

開発者。

詳細情報

http://www.swans.co.jp/snow/

発売予定
2008年9月1日
価格

18,000 ~ 20,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

スポーツ用品販売店

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

アルペンスキーヤーの頭部保護を第一とし、なおかつ疲労のより少ない、高い競技性能を持つヘルメットの開発を目標とした。

デザイナーのコメント

ヘルメットは競技者の命を守るための必需品ですが、重く大きいヘルメットでは十分なパフォーマンスを発揮できなくなります。軽くてコンパクト、なおかつ頭部と一体化するようなフィット感を持つヘルメットを開発したいと考えました。競技者のパフォーマンスを最大限に発揮できる製品ができたと思います。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

アルペン競技スキーヤー。年齢層は中学生以上を想定。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

1.頭部の安全確保。2.空気抵抗の減少やフィット感の向上による、競技パフォーマンスの向上。3.軽量化による頸部の疲労低減。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

ヘルメットのシェル(外殻)部分は高強度のプラスチック樹脂で成型されている。本製品のシェルは当社従来品(HSR-60)に比べ60gの軽量化を達成し、競技性の向上だけでなく石油資源の節約にも貢献している。

その問題点に対し、どのように対応したか

石油資源の減少化、高騰化問題

審査委員の評価

装着感は実に良い。さすがに専門メーカーである。なによりも軽いフィット感は競技においては重要な要素である。堅牢感と無駄のないシンプルなフォルムは単にスキーを楽しむユーザーでなく競い合う為の必需品だけにこうした方向はより重要になってくるであろう。欲を言えば、グレー面のラインがもっと軽やかな流れにならなかったものか。

担当審査委員| 左合 ひとみ   井上 斌策   岩崎 一郎   川島 蓉子  

ページトップへ