GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
アイスバッグ [カラーシグナルアイスバッグ TJ2106, TJ2107, TJ2108]
事業主体名
株式会社アシックス
領域/分類
身体領域 - 趣味やスポーツに用いられる道具・機器
受賞企業
株式会社アシックス (兵庫県)
受賞番号
08A01058
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

スポーツの場面におけるアイシングは、氷嚢などの中に0℃前後の氷水を入れ、15分から20分ほど受傷部分を冷やすことを繰り返しますが、冷やすことにより感覚が麻痺し冷たいかどうか判らなくなってきます。そこで温度によって色の変わるプリントを用いることにより視覚でそれを確認することを可能にしました。

プロデューサー

アパレル・エクイップメント統括部 エクイップメント企画開発生産部 部長 内藤 幾雄

ディレクター

アパレル・エクイップメント統括部 エクイップメント企画開発生産部 レクリエーションチーム マネジャー 田中 昌幸

デザイナー

アパレル・エクイップメント統括部 エクイップメント企画開発生産部 アスレチックチーム 古瀬村 雅央

詳細情報

http://www.asics.co.jp/products/athletecare/index_L1.html

発売
2008年3月10日
価格

1,155 ~ 1,680円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

効率的にアイシングするには「時間」・「温度」・「回数」をきちんと管理する必要があります。その中で感覚に頼ってしまう「温度」管理に視覚的変化という客観的判断基準を持たせることでより効率的なアイシングを実現しました。

デザイナーのコメント

プリントカラーと基布の色を近づけて常温ではブランドマークを視認できるようにし、氷嚢の温度が下がるとブランドマークが消えたように見える色合わせに苦労しました。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

冷え具合が目でわかることにより、適温以上になった場合の水の交換(氷の補充)がタイムリーに行われる事を想定しました。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

冷やし具合が的確に把握できるようになり、スポーツの場面におけるケガや、使いすぎによる筋疲労からの回復度合いに進歩をもたらしました。

審査委員の評価

スポーツ時の効果的なアイシングのために、温度によって色の変わるプリントを用いて、視覚的に確認できるようにした点が画期的である。これにより、ユーザーの感覚に頼らない客観的な判断を可能にした点を評価した。

担当審査委員| 左合 ひとみ   井上 斌策   岩崎 一郎   川島 蓉子  

ページトップへ