GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
センサー機能付き光る作業台「光るん台」 [Panasonic BF-9000]
事業主体名
パナソニック株式会社
領域/分類
身体領域 - 趣味やスポーツに用いられる道具・機器
受賞企業
パナソニック株式会社 (大阪府)
受賞番号
08A01051
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

夜釣りでは、エサの付け替えや針・オモリの交換などに頻繁にライトを入切するが、今までのライトではスイッチを手探りで何度も操作するのが煩わしかった。本品は、手をかざすだけで自動的に点灯し、使い終われば自動的に消灯するため、スピーディに釣りを続行できる。また、エサや針・オモリなどの道具を置いて照らせるように、世界初のトレイ付きライトとしてデザインした。ライト本体は360度回転するためトレイに置けないエサ箱を照らす事もでき、携帯時はコンパクトに折り畳みが可能。スタンバイ時はマーカーライトとなり、離れていても自分の釣り位置が見つけられる。生活防水で丸洗いOK。2段階照度調整機能付き。単4×3本使用。

プロデューサー

パナソニック株式会社 エナジー社 乾電池BU BU長 黒河 満

ディレクター

パナソニック株式会社 デザインカンパニー AVCネットワークデザイン分野 AVCNモバイルグループ 時岡 英互

デザイナー

パナソニック株式会社 デザインカンパニー AVCネットワークデザイン分野 AVCNモバイルグループ 小谷 昭彦

詳細情報

http://panasonic.jp/flashlight/

発売
2008年5月1日
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

成熟化する釣り市場やライト市場において、今までの商品とは異なる「新規商品の創造」を目標とした。特に釣り市場では、一般的なヘッドランプやミニライトの価格低下が激しさを増している。事業価値の向上を目指し、従来の商品にはない、釣り人に本当に喜ばれ、釣り人のニーズを満足させる新機能・新スタイルの商品を目指した。

デザイナーのコメント

釣りを愛するデザイナーとして、真に釣り人にとって使いやすいデザイン、釣り具業界に一石を投じられるような商品を目指した。簡易モデルの段階から技術者とともに釣り場で検証を繰り返し、多様なエサ、エサ箱、仕掛け類などを照らす工夫、パワーセーブや携帯性、防水性への工夫など知恵を絞った。夜釣りを愛する釣り人の皆さんにきっと気に入っていただける商品に仕上がったと自負している。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

釣りの常識として、釣果を得るためには活きの良いエサに頻繁に付け替える必要があり、糸に傷ができていないか仕掛けのチェックや取替えもよく行う。そのため、夜釣りでは、その都度ライトが必要で、一夜に数十回、多ければ100回以上ライトを入切する。本品のメインユーザーとして想定した防波堤の夜釣りでは、最盛期には好ポイントは込み合い、トイレから戻ると自分の釣り場所がどこだったか探す時もある。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

自動点灯・自動消灯機能により、スイッチ操作に煩わされる事なく釣りに専念できるようにした。また、イソメなど活きエサを触ったままの汚れた手でライトのスイッチを触る必要がなくなったため、いちいちタオルで拭いたりする必要がなく、利便性が向上した。付属のトレイの上に事前にエサや針などを置いておけばライトが照らしてくれるので、釣りの途中でそれらを探したり暗闇に落としてしまう事もなくなった。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

本品の自動点灯機能は必要な時だけ点灯する方式なので、大幅なパワーセーブができた。(マーカー点灯時はメイン照射の約1/10の消費電力にダウンさせている)

その問題点に対し、どのように対応したか

頻繁に行うスイッチ操作が面倒なために、夜釣りの間中、ランタンや蛍光灯を点灯しっぱなしの釣り人も多く、電池のエネルギーを無駄にしていた。

審査委員の評価

ユーザーの有ったら良いな!をストレートに提供した製品である。コンパクト手軽、汚れの洗浄も楽な凹凸や、ことさらのフォルムを打ち出さず、優しく素直にまとめ上げた点が良かった。夜釣りに限らなくても重宝出来そうだし、本来の夜使用に関しては大いに助かるこうした身近で便利なツールがもっともっと出て来て欲しいものだ。ライトの回転やトレーの使い勝手と共にコンパクトに折り畳んで携帯出来る等、ユーザーによく配慮したデザインに仕上がっている。

担当審査委員| 左合 ひとみ   井上 斌策   岩崎 一郎   川島 蓉子  

ページトップへ