GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
アイウエアー メガネ枠 [スイスフレックス エアー]
事業主体名
ジャパンオプティカル株式会社 スイスフレックス事業部
領域/分類
身体領域 - 身につける用品・生活雑貨
受賞企業
ジャパンオプティカル株式会社 (東京都)
アイシステムズ有限会社 (Switzerland)
受賞番号
08A01028
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

視覚的な負担と装用時の重みは何れもメガネ利用者にとって大きな障害となっている。メガネ枠に限っても重くて下がる、鼻や耳が痛いと見栄えの前に解決しなければならない問題が多い。このメガネ枠はそうした面には多くのアドバンテージを有している。限りなく軽量化を目指しフレーム重量2gを達成した(レンズを除く)。更に柔軟で且対衝撃性に優れた樹脂はアレルギーフリーでもあり、理想的な装用感を実現した。耳周りには細くソフトなプラスティック・ラーバーが優しく耳を包み、オリジナルデザインの専用鼻パットがその面全体に重さを分散してかかる重さの負担を軽減している。何よりもその柔軟性(フレキシビリティ)と軽さにご注目。

プロデューサー

ジャパンオプティカル株式会社 スイスフレックス事業部 事業部長 鈴木正幸

ディレクター

アイシステムズ有限会社 社長 マルクス カビエツェレ

デザイナー

アイシステムズ有限会社 社長 マルクス カビエツェレ

詳細情報

http://swissflex.net

発売予定
2008年10月1日
価格

27,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

軽量化と強度の兼ね合いを保ちつつ軽く快適なメガネフレームをイメージして製作した。使用者が眼前のメガネを忘れ洗顔してしまうくらいに感覚的な存在感を希薄にしようと思いました。

デザイナーのコメント

人に優しくそして過去を踏襲しないをテーマにしてメガネフレーム創りをしている。さらにデザインは凝り過ぎずに機能性を重視しシンプルで使いやすさやかけやすさを追求した。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

仕事にも余暇にも一生懸命な成人男女で視力補正を必要としている人々に装用してほしいメガネフレーム。機能的な設計は合理的な仕組と軽量素材を採用した結果、いかなるシーンでも重い、痛い、下がる等の問題を解消してくれます。アクティブなスポーツシーンでは特にその特性を発揮します。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

あくまでも快適で通常のメガネが持つ不快感を最小限にすることに成功。その軽さのみならず合理的なフレーム設計による装用バランスはフレームの軽さをより軽く感じさせてくれるでしょう。

その問題点に対し、どのように対応したか

課題は特に感じませんでした。

審査委員の評価

非常に軽量であり、かつソフトな樹脂を用いることによって、快適な装着性を実現させている。オリジナルの鼻パットは、長時間つけていても跡がつかないという点も優位性が高い。機能性を充実させた一方で、無駄のないフォルム、カラフルな色づかいなどによって、付けた時の美しさに配慮したデザインも評価できる。子供やお年寄りも含め、幅広い層に向けて、使い心地が良く見た目も美しいデザインに仕上がっているメガネである。

担当審査委員| 左合 ひとみ   井上 斌策   岩崎 一郎   川島 蓉子  

ページトップへ