GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
作業用長靴 [らくらく長靴大地]
事業主体名
アトム株式会社
領域/分類
身体領域 - 身につける用品・生活雑貨
受賞企業
アトム株式会社 (広島県)
受賞番号
08A01009
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

田植作業などを主用途とした農業用ゴム長靴。一般の長靴と地下足袋の中間のような形状で、足にフィットするよう靴下状のメリヤス生地表面に薄いゴムシートを貼着している。足を包み込むような着用感とフィット性が特徴。胴体部分が柔らかくコンパクトに丸めることが可能で携帯に便利。つま先が靴状の先丸タイプと、足袋状の指付タイプの2タイプがある。本品は特に着用感と作業性を高めるため、従来同等品と比較して約70%の薄さのゴムシートを採用している。また、田んぼの泥に足が取られて靴が脱げたりすることのないよう、フィット性を高め脱ぎ履きの作業を楽にするため、足首部分にゴム補強帯を設けている。

プロデューサー

アトム株式会社 開発部部長 佐藤丈夫

ディレクター

アトム株式会社 開発部部長 佐藤丈夫

デザイナー

アトム株式会社 開発部課長 田口重雄

詳細情報

http://www.atom-glove.co.jp

発売
2007年1月7日
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

農業作業者つまりプロユーザーをターゲットに開発。長時間の作業でも疲れにくく作業性を良くすること。田んぼの泥に足を取られることのないフィット性を維持しつつ脱ぎ履きにかかる作業を楽にすること。

デザイナーのコメント

昔からある田植用の農業長靴ですが長い間変わり映えしませんでした。本品も見た目は地味で、今までとどこが違うの?との印象はありますが、使う人がいかに楽になるか、機能面を重視してデザインしました。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

農作業者、特に田植作業者などいわゆるプロユーザーをメインターゲットとしている。また、本品がもつフィット性を活かし例えば斜面での草刈り作業など関連作業も用途として想定、パッケージなどでアピールした。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

簡単に脱ぎ履きができ良好なフィット感を得られること。また、従来田植作業オンリーであったこの種の商品だったが新しい用途を提案することにより用途の幅、商品選択の幅が広がった。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

輪ゴム取付の必要がなくフィット性を発揮するため、足首部分にフィット性を持たせるようゴム補強帯を設ける設計とした。農業従事者は他業種と比較し高齢者が多くなっているが、老若男女無理なく脱ぎ履きの出来る人にやさしいデザインとした。

その問題点に対し、どのように対応したか

従来、この種の商品は田んぼの泥に足が取られて靴が脱げてしまうのを防止するため、幅の広い輪ゴムを足首部分に巻いてフィット性を高めていたが、この取付作業になかなか手間がかかっていた。また作業中に輪ゴムが切れてしまい、取付直すこともあった。輪ゴム取付の必要のない、簡単に脱ぎ履き出来てフィット性の高い農業長靴の必要性があった。

審査委員の評価

薄いゴムシートを用いることによって、装着しやすく、かつ軽量であり、履き心地が良いデザインに仕上がっている。農作業というシーンに適したデザインと言える。作業用品として携帯性にも優れ、コンパクトに収納できる点に配慮した点も評価できる。農作業用だけでなく、ガーデニング用などとして一般向け商品を開発する余地もあるが、「大地」というロゴと色使いについては、視覚的なデザイン性の検討が欲しい。

担当審査委員| 左合 ひとみ   井上 斌策   岩崎 一郎   川島 蓉子  

ページトップへ