GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2007

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ITかかし [無人駅のローコストな情報配信/サービスシステム]
部門/分類
新領域デザイン部門 - 新領域デザイン
受賞企業
株式会社内田洋行 (東京都)
受賞番号
07D01053
受賞概要
2007年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

無人駅は全国で43%もあり、中央駅のサービスの向上や高度情報化に比べ、その管理やサービス、安全や治安の問題などの問題が大きくなっているが収益性のことからなかなか実施が出来ない状況である。特に、電車の遅延情報等のサービスは無理であった。今回の提案はGPS付携帯電話のネットワークを使い電車の位置情報だけでなく、駅内の監視、駅、周辺の情報配信や告知を行なうシステムである。将来的には駅を結ぶネット上のアーカイブを立ち上げ駅の景色、イベント、広告、等、駅を結ぶ情報の仕組みを形成し、JR、地域、住民,企業等の連携で駅を支えるシステムとしてデザインされている。

プロデューサー

JR東日本研究開発センターフロンティアサービス研究所 中川剛志 

ディレクター

株式会社内田洋行 テクニカルデザインセンター 部長 若杉浩一 

デザイナー

ナグモデザイン事務所 南雲勝志 

南雲 勝志

開始日
2007年5月

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

無人駅といわれる鉄道の周辺は、幸いにも美しい風景が今も残されている。そこには鉄道というインフラにかけた人々の想いが存在し、時間を超えて我々に訴えかけてくれるものがある。この装置は単に情報を伝えたり、駅を監視するという機能だけではなく、風雨に耐え、無人駅を守り、利用者にとって“良き仲間”となってくれるデザインをめざしている。見かけによらずちょっとやそっとではへこたれない頼りになる堅牢さが自慢。

使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

無人駅に対する的確なサービスとは何か。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

駅を起点として街、鉄道、地域、外部のそれらとどう連携するか。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

地域の駅の風景、風土、人達がどう関わるか。

審査委員の評価

過労死への責任推敲を多くの日本企業が果たしていない中で、無人化のためのデザイン提案は、これからも支援していきたい。デザインセンスもレトロなファンキーさが感じられ、素焼きのテイストも不思議に田舎の景観にあっている。

担当審査委員| 赤池 学   生田 幸士   タナカノリユキ   西山 浩平   原島 博  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ