GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2007

GOOD DESIGN|グッドデザイン金賞

受賞対象名
キッザニア東京 [こどもが楽しく社会を体験できる、“こどもが主役のこどもの街”]
部門/分類
コミュニケーションデザイン部門 - コミュニケーションデザイン
受賞企業
株式会社キッズシティージャパン (東京都)
受賞番号
07C01031
受賞概要
2007年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

キッザニア東京は2006年に誕生した、こどもが主役 のこどもの街。現実社会の約3分の2サイズでつくられた街 のなかには、消防署やパン工場、新聞社、テレビ局など 実在の企業がスポンサーとなった約50のパビリオンが 立ち並んでいます。こども達は本物そっくりのユニフォ ームを着て、約70種類のお仕事や習い事を体験。お仕 事をすると施設内で流通する通貨「キッゾ」でお給料が 支払われ、そのキッゾを使ってお買い物やサービスを受 けられるなど、職業・社会体験ができる施設です。

プロデューサー

株式会社キッズシティージャパン 企画部 部長 油井 元太郎

ディレクター

Kidzania de Mexico, Architect Fernando Leon

デザイナー

Kidzania de Mexico, Designer Carlos Cardenas

詳細情報

http://www.kidzania.jp/

開始日
2006年10月5日

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

キッザニアが提供するものは「学び」と「楽しさ」とを融合させた『エデュテインメント』です。こども達は自ら考えて行動し、楽しみながら、働くことの意義ややりがい・社会のしくみに気付きます。リアルに作られたこどもサイズの街が、こども達の本気を引き出し、大人気分を演出します。こども達が発見するいくつもの“気付き”が、未来につながることで、彼らが大人になった時の世界がより良いものになると、私達は信じています。

審査委員の評価

社会のシステムや仕事に対しての価値観が大きく変化している中、子どもの頃からさまざまな職業や社会に擬似的にでも触れさせておくことは、今の日本の社会において意義深い。「キッザニア」は単なる一方的な教育ではなく、子ども自身が楽しみながら様々な気づきを感じていくという設定が素晴らしい。ロールプレイングを通じた「学び」と「楽しさ」を合わせた”エデュテインメント”というコンセプトが、実際のアクションにまできちんとデザインされている。また50以上の実在のスポンサーの協賛など、教育やエンターテインメントの新しいビジネスモデルとしてもユニークである。子どもの視点で作られた3分の2スケールの個々のパビリオンやツールの完成度もとても高く、それによってリアルな臨場感の演出につながっている。

担当審査委員| 永井 一史   佐藤 可士和   佐藤 卓  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ