GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2007

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
読売北海道ビル [北海道札幌市中央区北4条西4丁目]
部門/分類
建築・環境デザイン部門 - 建築デザイン
受賞企業
株式会社読売新聞東京本社 (東京都)
株式会社三菱地所設計 (東京都)
受賞番号
07B01007
受賞概要
2007年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

札幌駅前に建つ新聞社とホテル、飲食店舗の複合ビル。低層部の事務室は、読売新聞の北海道における発信拠点としての機能を満足させるため、コミュニケーションの取り易い1,000m2以上の大部屋を確保している。高層部のホテルは、観光拠点に相応しく、眺望に配慮した客室配置とした。四周の歩道状空地に植栽やベンチを設け、潤いとくつろぎの空間を提供し、人にやさしいまちづくりに寄与した。外装の2種類のガラスとPC板が、それぞれ違った表情の光を操り、新聞社の知性をイメージさせる。また、PC板には純白の玉石を打ち込んで研ぎ出し、材料そのものに「北海道」・「札幌」の象徴である雪のイメージを織り込んだ。

プロデューサー

読売新聞東京本社 経理局 次長 佐藤薫

ディレクター

三菱地所設計 建築設計部 執行役員統括部長 新居仁

デザイナー

三菱地所設計 建築設計部 渡辺顕彦、松井章一郎、渡辺剛良

渡辺顕彦・松井章一郎・渡辺剛良

詳細情報

http://www.sapporo-wh.com

開始日
2006年8月1日

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

冬の雪は「はらり」と舞い、夏の空は「きらり」と光る。「北海道」・「札幌」の雪と澄み切った空を表現するために、光の透過率と反射率が異なる3種類の材料(PC板と2種類のガラス)を少しずつずらしながら組み合わせたデザインとした。静けさの中にも「はらり」とした動きが生まれ、3種類の光が「きらり」とした表情を見せる。

デザインサイドに提示された要求・要望
1.札幌駅前広場という好立地に、新聞社とホテルの複合ビルに相応しい「洒落た建物」をつくること。
2.ひとにやさしいまちづくりに寄与し、地域に貢献する。
3.新聞社、ホテル及び飲食店舗それぞれの機能を高いレベルで満足させること。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

「洒落た」建物という課題に対し、素材の違いによって生じる「反射」・「透明」・「不透明」という3種類の光を等価に扱いながら、ほんの少し操作することで、これまでにない知的デザインを生み出す。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

「北海道」「札幌」と聞いて思い浮かべる冬の雪と夏の空の「はらり」、「きらり」とした印象を建物に取り込むこと。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

新聞社、ホテル及び飲食店舗の機能を満足させながら、足元廻りに可能な限り空地を整備し、良好な歩行者空間を形成する。

審査委員の評価

札幌市のJR札幌駅前広場に面しており、その特徴的な外観がひと際目を引く。外壁は、壁面に反射率の異なるガラスを市松模様に配し、北国らしくキラキラ舞い落ちる雪をイメージしている。シースルーエレベータのガラスのシャフトがビルのコーナーを強調している。ファサードをなるべく単純化して見せるため、カーテンウォールなどのディテールが丁寧につくられている。新しい札幌駅前のシンボルとして高く評価された。

担当審査委員| 北山 恒   隈 研吾   安田 幸一  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ