GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2007

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ロビーベンチ [23A8シリーズ]
部門/分類
商品デザイン部門 - 公共機器・設備/公共交通関連機器・設備
受賞企業
株式会社岡村製作所 (神奈川県)
受賞番号
07A12028
受賞概要
2007年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「23A8シリーズ」は、ひとまわり小さいコンパクトサイズに座り心地の良さを実現したロビーベンチです。耐久性とデザイン性に優れたパンチングシェルを採用し、堅牢性に優れたアルミ脚は高級感のある磨き仕上げを施しているため、空港ロビーを中心に鉄道の待合室やバスターミナルなど公共空間に最適です。用途に合わせてお選び頂ける2人用・3人用・4人用イスをベースに、肘なし・両肘付き・各肘付き・サイドテーブル付きまで幅広くラインナップし、彩色豊かな張り地(布地は5色、レザーは4色)と防火認定クロスを品揃えしています。

プロデューサー

株式会社岡村製作所 マーケティング本部文教施設製品部 佐藤政満

デザイナー

株式会社岡村製作所 デザイン本部製品デザイン部 早乙女弘志

詳細情報

http://www.okamura.co.jp/

開始日
2007年7月
価格

174,000 ~ 307,000円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

コンパクトなデザインバランスの中でのフォルムの追求と快適な座り心地の確保を目指しました。具体的には、パブリック空間におけるロビーベンチに求められる機能を抽出し、「スリムなスタイリング」と椅子の基本機能である「座り心地」を追及し、時代のニーズにあったシンプルでオリジナリティのあるデザインを実現しました。アルミポリシュ仕上げのフレームと豊富な張材の組み合わせにより、高品位空間の演出を可能としています。

デザインのポイント
1.スリムなフレームデザインは、シャープでスタイリッシュな空間を演出します。
2.モールドウレタンのクッションは十分な厚さを確保し、快適なすわり心地を実現しています。
3.足元空間を広々と確保した脚デザインとビーム構造は、セキュリティー性、メンテナンス性を高めます。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

パブリック空間に最適なロビーベンチとして、そのスタイリングに加えて快適な座り心地を得るために、フレーム断面高さ寸法を十分に確保したことにより、モールドウレタンの厚みを十分に確保でき、ユーザーに快適な座りここちの提供が可能となりました。また、足元空間を広々と確保した脚デザインとビーム構造は、セキュリティー性、メンテナンス性が高く、心理的にも開放感が得られます。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

製品の長寿命を考慮しJIS基準はもちろんのこと、それを上回るオカムラ独自の強度試験基準をクリアしました。また、リサイクルを考慮して、使用素材はリサイクルしやすい素材、たとえばアルミ、スチールを脚やビーム部分に採用しました。そして、ライフサイクルを全うした際に単一素材に分解できる分別設計及び樹脂とアルミには、分別し易いように材質表示を行っています。また製造アセスメントを実施し、クッション成形工程には、ノンフロンの発泡原液を使用し、オゾン層の破壊防止に配慮するなど製造工程においての環境汚染の防止と環境負荷の低減対策を実施しています。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

再生しやすいアルミ素材とビーム構造の採用によりリサイクル性や組み立ての容易さを提案しました。また、背座フレームを中間ジョイント材でつなぐH型フレーム構造を提案し、構造の簡素化と部品の削減、強度アップに結びつけました。さらに多様な使用環境に対応するように豊富なバリエーションを設定し、販売に結びつける工夫を凝らしました。

審査委員の評価

コンパクトながら足元空間も広く座り心地は良い。また用途に合わせた人数の他、肘掛け・サイドテーブル付きなど幅広いラインナップは、豊富な張材の組み合わせとともに、公共空間用として適している。パンチングシェルとアルミ脚の磨き仕上げなどは、堅牢性や耐久性を兼ね備え、メンテナンス性や環境に優しい分別設計にも配慮されていることを評価。

担当審査委員| 森山 明子   大月 ヒロ子   福田 哲夫   山田 晃三  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ