GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2007

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
CR搭載移動型X線装置 [Sirius Ubiquitas]
部門/分類
商品デザイン部門 - 医療機器・設備
受賞企業
株式会社日立メディコ (東京都)
受賞番号
07A11054
受賞概要
2007年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

病院内などで使用する移動型X線装置にCR読取装置を搭載しました。撮影現場での画像確認が可能になります。特に、手術室・ICUなど緊急性を要求される場所での迅速な撮影画像の確認が可能になります。また、使用するカセッテは撮影現場で読取・消去を並行して行えるため、大量のカセッテを持ち運ぶ必要がありません。撮影画像はデジタル化されており、院内のPACSに載せることが容易にでき、モニタ診断、画像サーバでの一括保管、画像検索が容易になります。回診でのX線撮影業務・撮影後の画像管理の効率化、迅速化、低被曝化を実現しました。

プロデューサー

株式会社日立メディコ XRシステム本部 設計部 奥 功一郎、高江 朋和、北村 真也

ディレクター

株式会社日立製作所 デザイン本部社会ソリューションデザイン部 二ノ宮 篤

デザイナー

株式会社日立製作所 デザイン本部 社会ソリューションデザイン部 二ノ宮 篤、笠井 嘉

詳細情報

http://www.hitachi-medical.co.jp/product/x/sirius2/ubiquitas.html

開始日
2007年5月18日
価格

29,400,000円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

救急救命や先端医療現場に優しさとストレスのない装置を提供。被検者の精神的圧迫感の軽減と技師の操作性向上の配慮として、視線に入る印象をやわらげる色彩や素材、前方視界確保のやさしい曲線のカバー形状を追求した。更に様々な検査手技に配慮する自由に動ける走行性を確保する操作配置を検証し、医療診断領域の拡大と被検者に技師に優しい顔作りをデザイナーが開発の当初から製造営業へ主張し実現した。

デザインのポイント
1.前方視界を確保するラウンド形状。視線に入る印象を優しく技師の操作性向上と被検者の精神的配慮を両立。
2.CR搭載でコンパクトボディーを実現。俊敏な走行と院内での優しい造形が自然な操作スタイルを提供。
3.スピード撮影診断の為の集中オペレーションパネル。回診撮影のフローを大きく改善し確実な画像診断を提供。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

安全性と信頼性の確保スムースオペレーション。スムースで俊敏な走行操作性を実現するため操作シュミレーションでの仮説構築を行い1/1プロトタイプを作成し徹底的に検証した。技師の前方視界を確保するカバーデザインと狭い作業空間での取りまわしを可能にする集中操作ポジショニングを追求した。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

移動型装置であるため、前輪キャスター部にはスプリングダンパー機構を設け、エレベーター乗り降り時の段差乗越えの衝撃を吸収し、製品寿命を長くする工夫をした。また、製品廃棄時の処置が容易となるよう鋼板、アルミ、ガラス、プラスチックなど主要な部品の構成材料を取扱説明書に記載し、分別廃棄ができるようにした。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

業界初のCR読み取り搭載装置内臓としてコンパクト且つ撮影現場で体格差の違う女性技師でもスピーディーな取りまわしや画像撮影を可能とした配慮や操作配置の提案。更に前方の死角をなくすCCDカメラ搭載の提案。特に手術室ICUなど緊急性や他の機材や狭い空間で要求される迅速な移動撮影の確認が可能なデザインの配慮を提案し実現した。

審査委員の評価

病室などでX線撮影をする機器で、主流となっているデジタル方式により院内のデータ一元化を促進できる。デジタル化により大量のカセッテを積載する必要がなくなり、小型化されている。CR読取装置を搭載しているため撮影現場での画像確認や消去が可能である。このようなX線装置は重量が重く(560kg)、そのために駆動モータがついている。グリップ部分で操作するのだが、前方形状をラウンドさせ、よりよい視界を確保できるように部品の配置を工夫するなど、より小回りの効く確実な移動に配慮している。

担当審査委員| 日高 一樹   高尾 茂行   蓮見 孝   馬場 了  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ