GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2007

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
ノバリス 定位放射線治療装置 [ノバリス シェープビームサージェリー]
部門/分類
商品デザイン部門 - 医療機器・設備
受賞企業
ブレインラボ株式会社 (東京都)
受賞番号
07A11048
受賞概要
2007年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

ノバリスは全身のがんの治療が可能な定位放射線がん治療装置です。X線を用いた画像誘導患者位置決めテクノロジーにより、1ミリ以下の正確さで腫瘍の位置や形を特定、がんのみを取り除くことを実現。ノバリスによる治療は、ピンポイント照射のため、副作用が少なく、一回の治療時間が約20分?30分と短いため、入院が不要です。従来、手術による治療が主流であったがんに対し、「切らずに痛くないがん治療」の選択肢を提供するとともに、ノバリスの明るい色と凹凸の少ないデザインが、通常大型装置が患者さんに与える重みや圧迫感を和らげ、病院のインテリアとしても明るいイメージを提供します。

プロデューサー

ステファン・フィルスマイヤー、創業者プレジデント&CEOブレインラボAG ドイツ

ディレクター

カレン・コズィアテク、クリエイティブ ディレクター ブレインラボAG ドイツ

デザイナー

パウラ・グイマレス、デザインマネージャ ブレインラボAG ドイツ

ステファン・フィルスマイヤー、ブレインラボ創業者、ドイツ

詳細情報

http://www.novalis.co.jp

開始日
2004年4月1日
価格

1,090,000,000円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

Novalis(ノバリス)はラテン語で「新しい開拓地」を意味します。今までにない放射線治療を可能にするという意味で、かつてない高精度ながん治療を実現するとともに、これまでにない明るい色を用い、丸みを出して患者さんに安心感を与えるデザインを意識しました。また、放射線防御のため、通常病院では地下室や別棟に建設され、窓のない放射線治療室に、明るく親しみやすいインテリアを提供することを目標としました。

デザインのポイント
1.患者さんに圧迫感を感じさせないため、明るい黄色と白の配色し、明るいイメージを実現。
2.丸みのあるガントリーに仕上げることにより、治療を受ける患者さんに安心感を与える。
3.病院に親しみやすい雰囲気を与えるために、治療室全体を明るくするデザインとインテリアを提供。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

通常、病院内の放射線治療室は、放射線のシールドを建築する関係で、その多くが地下室や別棟に設置されます。室内は窓がなく、放射線治療=末期がん治療という暗いイメージをもたれがちでした。そのイメージを変えるため、明るい黄色と白を組み合わせ、装置だけでなく、治療室全体のデザインの改善に取り組みました。導入時には、治療室全体のインテリアを提案し、待合室・通路・治療室・操作室を全体的に明るく親しみやすいデザインに統一し、大型装置から受ける圧迫感を和らげることを実現しています。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

治療装置の性格上、最大の信頼性を持つように設計されており、製品維持のための定期健診のしやすいように設計されています。また、破棄は、導入先病院より法令に基づき処理されます。使用済みの装置は、発展途上国に輸送され、現地の医療に貢献する場合もあります。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

医療機器として、性能だけでなく治療を受ける患者さんがどう思うかをよく考慮したデザインと性能の特徴(短時間に治療がおわること等)が製品の特徴であるということを、本来性能重視であった販売方法に新たな考えを加えました。

審査委員の評価

がんの治療などに用いられる放射線治療装置では、0.5?1mm程度の極めて高い精度の位置決めが必要であり、治療にあたっては、細心の注意と調整時間が必要とされている。この定位放射線治療装置はX線位置決め装置により、基準点からの位置を常に正確に測定することができるため、より効率的かつ確実に治療を行うことができる。大きくラウンドした2トーンの形状は、殺風景な治療室に明るく優しい雰囲気を醸しだし、患者と医療スタッフ双方のストレス緩和に効果的と考えられる。

担当審査委員| 日高 一樹   高尾 茂行   蓮見 孝   馬場 了  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ