GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2007

GOOD DESIGN|グッドデザイン金賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
オフィスチェア [スピーナ]
部門/分類
商品デザイン部門 - 文具、オフィス雑貨・家具・設備
受賞企業
株式会社イトーキ (大阪府)
受賞番号
07A10046
受賞概要
2007年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

従来のオフィスチェアは、“深く座りかつ直立および後傾の姿勢”を前提に設計されていたが、着座姿勢の定点観測の結果、腰をしっかり支え、理想的な姿勢・着座をしている人は3割程度であることがわかった(当社調査による)。その課題を解決するために着座すると座が下がるPSS機構と、ランバーを前方に押し出すALS機構を連動させた世界初の新機構を開発した。背面にはこの動きに対して柔軟に追従する、樹脂とゴムの中間の性能を持つエラストマー樹脂を採用。面ではなく線で背中に接触することで長時間座っても蒸れる心配がない。更に縦リブ半透明のデザインは光が透過する連子格子や障子を連想し、日本の美意識を表現した。

プロデューサー

株式会社イトーキ オフィス事業部 開発部 櫻井多弥男

ディレクター

株式会社イトーキ マーケティング本部 商品戦略部 白鳥毅

デザイナー

有限会社バウデザイン 代表取締役 中村保弘

詳細情報

http://www.itoki.jp/spina/

開始日
2007年1月1日
価格

86,100 ~ 124,950円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

長年の夢だったポジションフリーなイスが、優れた開発者との共同作業により誕生した。メーカー推奨の正しい座り方とユーザーの使用実態は全く乖離している。そこで“イスが人に合わせる“という当たり前の様で難しいテーマに挑んだ。結果“知らぬ間に心地よい座りに誘導する”という粋なもてなし方を備えたイスへと成長した。また同時にこれは今後のタスクチェアの一つの方向を示すものでもあると思っている。

デザインのポイント
1.縦リブ半透明の背もたれは光が透過する連子格子や障子を連想し、日本の美意識を表現
2.背にエラストマー樹脂、座にスリット付PP樹脂を使用し、薄くシャープな印象を実現
3.構造を積極的に見せることで、動き(特長)を直感できるようにした
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

操作レバーを少なくしたことと、その少ないレバーもわかりやすくするために、印刷式のピクトサインを採用した

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

耐久性の弱い部品に不可を与えない設計、素材毎に分別できる設計、再生できないウレタン素材を軽減しながら座り心地を向上させるために座のインナー樹脂にスリットを設けた

審査委員の評価

アーロンチェアを源流とする高機能オフィスチェアの市場はここ5年ほど停滞期に入り、各社ブレイクスルーできない状態が続いている。そんな中、やっと日本メーカーらしい細かい配慮の施された椅子が出来上がった。座り心地のよさは、実際に座ることで誰もが納得いく完成度である。そして、立ち上がり時にふわっと腰を持ち上げてくれるサポート機能になんとも言えない優しさを感じる。メッシュ素材一辺倒のハイバック処理が主流の中、フィン構造の採用は素材自体の持つ特性を最大に活かしており、まったく新しい解決策を提示している。トータルバランスのよい、完成度の極めて高い日本の椅子であり、市場に一石を投じたデザインである。

担当審査委員| 澄川 伸一   キュー・リーメイ・ジュリヤ   森田 昌嗣   山本 秀夫  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ