GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2007

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
油圧ショベル [LEGESTシリーズ(SH200-5、SH240-5)]
部門/分類
商品デザイン部門 - 作業工具、産業機械、搬送機器・車両/試験機器
受賞企業
住友建機株式会社 (東京都)
受賞番号
07A09054
受賞概要
2007年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

SH200-5型油圧ショベル オフロード法対応機は、全世界に向けて供給する戦略主力機種であり、世界中の顧客要望を集め開発の随所に反映した。開発にあたり「運動性能」「経済性能」「快適性能」という3つの性能について徹底的にこだわり、「SPACE5(スペース5)」というエンジンシステムと「SIH:S(シーズ)」という油圧システムを開発・融合することで、大作業量の発揮と燃費の20%改善を 実現した。

プロデューサー

住友建機 マーケティング部 商品企画Gr グループリーダー 三觜勇/住友建機製造 技術部 技師 和田靖 泉川岳哉 新真司

ディレクター

エクステリア:GKインダストリアルデザイン 取締役社長 山川美朗/ インテリア:コボデザイン 常務取締役 熊沢雅紀

デザイナー

エクステリア:GKインダストリアルデザイン 第一デザイン部 室長 津曲兼利 室員 若尾講介 迫坪知広

詳細情報

http://www.sumitomokenki.co.jp/sp/sh200-5/

開始日
2006年9月
価格

16,500,000 ~ 22,150,000円/台 (円/台)

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

機動性、静粛性、操作性、建設機械としてあるべき姿、建設現場での他社製品との識別、住友建機としてのプロダクトの顔を創造性をアピールした。コンシューマプロダクトのデザイン性と変わらぬ住友のデザインへのこだわりを表現した。

デザインのポイント
1.機能を表現した外観デザイン。
2.操作性、俊敏性、スピード感を表現。
3.後ろ姿の美しさ、建設現場での主張、商品としてのデザイン性。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

メンテナンス性について、フィルタ類をグランドアクセス可能にする。また、キャブ内装についてはよく使用するスイッチ類の集中配置などユーザーの使いやすさに気を配っている。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

フロント部への鋳鋼、鍛造採用、ベースプラットホームの強度アップなど寿命アップを図った。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

企業の顔となるべきプロダクトについてのデザインのありかたを解題しながら提案を行った。

審査委員の評価

ホース類の処理が美しいアームが印象的である。キャブ内の快適性にも注目したい。Aピラーの工夫により前方視界がかなり向上している。300mm以上の調節範囲を持つシートも意欲的。これならば女性オペレーターや大柄な欧米人に至るまで、最適な位置出しができ、扱いやすい操作系とともに快適な作業性が期待できる。GDPの際に子供達が絶え間なくキャブに登って歓声を上げていたのも印象深い。

担当審査委員| 山村 真一   平田 喜大   平野 哲行   渡辺 弘明  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ