GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2006

GOOD DESIGN|グッドデザイン金賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
ロボットスーツ HAL-5 [ロボットスーツ]
部門/分類
新領域デザイン部門 - 新領域デザイン
受賞企業
CYBERDYNE株式会社 (茨城県)
株式会社エルムデザイン (東京都)
受賞番号
06D01041
受賞概要
2006年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

HALは身体に装着することによって人間の身体機能を拡張、増幅、強化するロボットスーツで、人の意思を反映させた制御を実現し、筋肉を動かそうとした時に脳から発せられる信号の生体電位の変化をセンサによって検出し、その電位変化に応じてモーターを制御します。またデータベース化された人の基本動作を基に、HAL自らが装着者に先立ってその動作を開始します。このため生体電位が途切れてしまったり、うまく検出できない場合にも、人の意思を反映したスムーズなパワーアシストを実現することができます。足腰の弱った人の立ち座り、重たい荷物の持ち上げなど、リハビリテーション、重作業の支援、レスキュー活動など広く応用が可能です。

プロデューサー

CYBERDYNE株式会社 代表取締役 山海嘉之

ディレクター

株式会社エルムデザイン マネージャー 岩立恵吉

デザイナー

株式会社エルムデザイン デザイナー 菅家隆広

顔写真

詳細情報

http://www.cyberdyne.jp

開始日
2006年6月9日
価格

-

問い合せ先

CYBERDYNE株式会社
Email: web@cyberdyne.jp
URL: http://www.cyberdyne.com

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

HAL-5は人間支援型ロボットとしての機能と、その開発進化を愛地球博など各種イベントでの出品を通じて訴求することを両立させたユニークなロボットデザインである。医療の面ではHALの基本的機能を損なわず、機構的でありながら柔らかいフォルムで装具としても安心感を与える統制の取れたシンプルなデザインを目指した。またエンターテイメント性も付加して“人機融合”に楽しく接してもらえるように配慮した。

デザインサイドに提示された要求・要望
1.基本機能を損なわず、HALと言う新しい分野のロボットを、SFのような現実離れしている厳ついロボットではない新しいデザインの提案。
2.主たる利用者となる身障者に劣等感をいだかせない。かっこいい、使ってみたいと前向きになってもらう精神的なバリアを解くデザイン。
3.単なる製品の外観デザインだけではなく、機械と人との一体感、人となじむ”人機融合”のデザイン。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

医療の面でHALの基本的機能を損なわず、機能的でありながら機械的イメージを抑え、いかに優しく機具としても安心感を与えるデザインをするかが課題であった。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

機械と人体を自然に融合させ、HALという存在が当り前であるかのように感じる“人機一体感”が必要であると感じた。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

外装の衝突により、ユーザー及び周りに危害を与えない様、滑らかな意匠を施し、緊急時には容易に機能停止できる事が必要であると感じた。

審査委員の評価

ウェアラブルなパワーアシストロボットとのプロトタイプを形にした優れたデザイン。初号機に比べデザイン性も向上している。福祉、災害時の用途が見えてきたことで、新しい産業・ビジネスの創出に貢献する可能性大。時代をリードする表現が発見されている。完成度が高いハイテク技術であるなど各点を評価。

担当審査委員| 日高 一樹   赤池 学   生田 幸士   黒川 玲   紺野 登   西山 浩平  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ