GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2006

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
美濃手漉き和紙「カミノシゴト」 [日本の伝統的な素材の再認識と職人ブランドの構築]
部門/分類
新領域デザイン部門 - 新領域デザイン
受賞企業
株式会社木舎 (東京都)
モルザ株式会社 (岐阜県)
美濃和紙ネットワーク21 (岐阜県)
岐阜県紙業連合会 (岐阜県)
受賞番号
06D01031
受賞概要
2006年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

1300年の歴史を誇る美濃手漉き和紙。日本を代表する和紙産地が、近年の工業化の波に押し潰されようとしています。この日本の大切な素材:美濃手漉き和紙を現代の暮らしの中で如何に使うか。若い職人たちが後世へと如何に産地を繋ぐか。これを考えるのが「カミノシゴト」の大きな仕事です。「カミノシゴト」はこれまでの伝統産業復興によくある単発のイベントではなく継続する事業であり、職人たちと共に発信する産地ブランドです。職人を市場のユーザーやクリエータたちに知ってもらい、触ってもらうことを目的とした展示会、書籍、ショップ開設から、商品ブランドへと展開中です。

プロデューサー

株式会社木舎 代表 佐藤眞富

デザイナー

株式会社木舎 佐藤真

開始日
2001年1月
価格

-

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

これまでの伝統産業プロデュースのような、単発イベントでは産地は変わらない。時間をかけても、若い職人たちが「紙で食える」ことを最終目標に設定しています。

デザインサイドに提示された要求・要望
1.日本の素材、美濃手漉き和紙の復興。
2.時代の感性をもった産地の継承(若手人材の育成)と市場への発信(ファンづくり)。
3.産地の問屋や地元住民の意識改革。産地ブランドの構築と発信。産業システムの再導入(ものづくりデザイン開発)。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

まず素材の使い手であるデザイナーにもっと触れて感じてほしい。そのために展示会では多くのクリエーターに参加していただき、工房までご足労願った。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

コスト問題は商品開発にとって大きな障害でもあるが、手漉き和紙でなければならないものや、職人の魅力が充分に付加価値となりえる場面もあるはず。その用途開発が必要。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

とにかく多くの場面でユーザーに手漉き和紙とはこういうものと示すこと。作り手である職人の顔(や名前)が見える素材/商品開発を展開する。

審査委員の評価

伝統的産業のブランド化のひとつの具体的方向性として評価。

担当審査委員| 日高 一樹   赤池 学   生田 幸士   黒川 玲   紺野 登   西山 浩平  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ