GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2006

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
Lotus Beauty Salon [三重県桑名市星見ヶ丘6丁目905番地]
部門/分類
建築・環境デザイン部門 - 建築デザイン
受賞企業
NAP建築設計事務所 (東京都)
受賞番号
06B01061
受賞概要
2006年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

日本で初めての大規模な個室型美容院である。カットイスがリニアに並ぶ作業動線重視の従来型の形式からお客へのおもてなし重視の形式を追求した。部屋を個室感覚をもつ円形の単位に分け、それらを一繋がりの壁によって連続させた。そして個室特有の閉塞感やスタッフの作業連携の悪さを解消するために、壁を1.4mの高さで切断した。結果、アリの巣の観察キットのような、平面図というようも、水平断面図と言えるような新しい形式が生まれた。座れば個室、立てば大空間となり、人の視点の位置によって空間認知が変わる新しいパブリックスペースを作り出した。

プロデューサー

有限会社NAP建築設計事務所 代表取締役 中村拓志

ディレクター

有限会社NAP建築設計事務所 代表取締役 中村拓志

デザイナー

有限会社NAP建築設計事務所 代表取締役 中村拓志

中村拓志

詳細情報

http://www.nakam.info/works/lotus

開始日
2006年2月2日
価格

-

問い合せ先

有限会社NAP建築設計事務所
Email: mail_nap@yahoo.co.jp
URL: http://nakam.info

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

建築を論理からではなくパーソナルな体験から得られる身体感覚をもとにデザインした。壁と床の線を消すR巾木、日本初の極めて薄いカラーグラデーション塗装、人の動きに従い模様が展開する天井鉄板の無数の穴、手で握れるほど細い構造柱、壁と身体との高さ関係で使われ方が決められる天板など。その場に立たないと得られない身体の知覚的揺らぎを増幅することで、写真ではなくその場でしか感じることのできない体験を主題とした。

デザインサイドに提示された要求・要望
1.要求プログラム/カット16席、シャンプー9台、カラー準備スペース、パーマ準備スペース、カウンセリング4席、店販ブース、待合い、レセプション、化粧室、スタッフルーム、倉庫、駐車場19台
2.客の滞在時間が1?4時間と長いため、大型店ではあるが、個人が落ち着けるような空間と内装であること。
3.走行量の多い幹線道路沿いの傾斜地に立地しているため、車で走行する人の目を惹きつける外観であること。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

カットイスがリニアに並ぶ作業動線重視の従来の美容院の形式からお客へのおもてなし重視の形式をどう提案するか。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

1の課題を解決するために提案した個室型空間が持つ、空間の流動性の喪失や閉塞感、サービス上の連携の悪さをどう解消するか。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

美容院特有の設備機器、美容機器、シンク、備品等の雑多な物をどう隠すか。

審査委員の評価

全体的な完成度の高さに加え細部にわたってよく検討されていることが高く評価できます。

担当審査委員| 隈 研吾   芦原 太郎   北山 恒   黒崎 輝男   難波 和彦  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ