GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2006

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
SOMATOM Definition [ゾマトム デフィニション]
部門/分類
商品デザイン部門 - 医療機器・設備
受賞企業
シーメンス旭メディテック株式会社 (東京都)
受賞番号
06A11057
受賞概要
2006年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

SOMATOM Definitionによって、シーメンスは先駆者としての役割を果たすだけでなく、技術的及び臨床的な限界をより高いレベルへと引き上げました。スライス数という従来の発想にとらわれず、独立した2対のX線管球と検出器を搭載。従来必要とされていた時間のわずか半分で、同時に画像を撮影することができます。さらに、シーメンス独自のz-Sharp Technology、CAREソリューション、そして脳神経や循環器などの臨床分野に特化したアプリケーションエンジン群を併用することで、診断のスピードと確実性を確保しつつ、最小限の被ばく線量で、かつてない高品質・高解像度の画像を提供します。

プロデューサー

Bernd Montag, President CT Marketing and Sales, Medical Solutions, SIEMENS AG

ディレクター

Bernd Ohnesorge, Vice President CT Marketing and Sales, Medical Solutions, SIEMENS AG

デザイナー

Medical Solutions, SIEMENS AG

詳細情報

http://www.medical.siemens.com/webapp/wcs/stores/servlet/ProductDisplay?storeId=10001&langId=-10&catalogId=-10&catTree=100001%2C12781%2C12752&level=0&productId=16781

開始日
2005年12月5日
価格

1,500,000,000円

問い合せ先

シーメンス旭メディテック株式会社 マーケティングコミュニケーショングループ
Email: contact.medjapan@siemens.com
URL: http://www.siemens.co.jp/medical/

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

被検者が従来の検査装置に抱く、「冷たい」「暗い」「不安」などのイメージを払拭するため、ボディカラーにはペパーミントグリーンを採用。検査室に明るく、さわやかなイメージを演出します。また、これまでのマルチスライスCTはその四角く大きなフォルムゆえ、被検者に圧迫感や威圧感を与ることもありましたが、丸みを帯びたしなやかなボディを用いることで、こうした被検者のストレスを和らげます。

デザインのポイント
1.ペパーミントグリーンのさわやかなボディーカラーが検査室に清潔感を演出。
2.丸みを帯びたボディを採用したことによる被検者への圧迫感の軽減。
3.ガントリのストライプカラーは、ホワイト、木目調など3種類から選択可能。

審査委員の評価

円を生かした単純な構成、大胆な色彩と模様による思い切りの良いデザインで、爽やかさの中に新技術(世界初の2管球搭載)により被爆量を半減させ、スループットを短縮するという高い機能と性能を感じさせる。

担当審査委員| 村田 智明   河原林 桂一郎   蓮見 孝   山村 真一  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ