GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2006

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
水銀柱イメージ・デジタル血圧計 [NISSEI DM-3000]
部門/分類
商品デザイン部門 - 医療機器・設備
受賞企業
日本精密測器株式会社 (群馬県)
受賞番号
06A11042
受賞概要
2006年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

世界的な環境負荷物質への規制が強まりを見せている現在で、血圧測定の基本となる水銀血圧計においては、特例として水銀の使用が認められている。しかしながら、環境負荷物質であることの事実、近い将来の完全使用禁止動向などを考慮し、今回の「水銀柱イメージ・デジタル血圧計」を開発した。本製品は、水銀柱部分を1mmHg/ドットのLCDを用いて表示を行うことで、圧力変化に対しより滑らかな表現を可能にした。またバックライトを使用し、製品の美しさ、メモリの読みやすさ等も向上させた。ポンプによる加圧補助、電動排気弁による減圧制御も可能で、自動血圧測定の機能も備えている。

プロデューサー

日本精密測器株式会社 ME技術部 部長 須田栄吉

ディレクター

日本精密測器株式会社 ME技術部 設計2課 主任 小林英幸

デザイナー

UOVOデザイン 清水朗

開始日
2006年8月31日
価格

45,000円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

patient(忍耐強い・腹を立てない ・忍耐できる → 患者)。なんと可笑しな言葉だろう。患者は患者らしく我慢し続ければいいのだろうか?医療用機器で1番大切なことは患者にとって信頼し得る機器であり、そして、それを感じ取れるデザインではないかと考えています。視認性と操作性、場に合った(行き過ぎない“やさしさ”)造形を考慮しデザインしました。患者にとって安心を感じられる1台となって欲しいと思います。

デザインのポイント
1.派手でない、シンプルな優しさをイメージした外観。
2.視認性を考慮したパネルデザインと配置。
3.医科向けを考え操作性を優先した造形。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

第一に水銀イメージ表示部の見やすさを優先した。バー表示のバックライト採用、目盛のサイドライト、圧力変化に対しより好感度な1mmHg/ドット表示。操作部は、充電状況、動作モード、加圧設定値を一目で分かるよう、正面右側下部にバランス良く配置、また使用頻度の高い押しボタンスイッチについては、サイズを可能な範囲で大きくし、誤操作防止対策を施すなど、操作性を重視した。表示部には、清潔感のある透明なパネルを採用し、汚れのふき取りなど医科向けとして、メンテナンス等も考慮した。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

EUのRoHs指令に対応した製品開発を行なった。プラスチックケースには材料表示を施し、リサイクルしやすいようにした。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

暗がりの中でも測定が可能になるよう、目盛にはサイドライトを当て、数値読み取り易さに貢献する。また測定結果をバー表示の中にアナログ表現することで、数値と測定幅の両方を確認できる。製品背部には、簡単に持ち運びが可能になるよう、手掛け部分を設けた。

審査委員の評価

水銀の使用を控えながら、医療現場での血圧計の測定作法を踏襲することを実現した商品として、その環境への配慮、また水銀血圧計のインターフェースのよい部分をLCDで代替させて表現したデザインが評価された。アナログの直感的な分かりやすさを損なわずに、デジタルへの移行が実現している点が素晴らしい。

担当審査委員| 村田 智明   河原林 桂一郎   蓮見 孝   山村 真一  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ