GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2006

GOOD DESIGN|中小企業庁長官賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
指先型血中酸素飽和度計 [NISSEI OxiHeart OX-700]
部門/分類
商品デザイン部門 - 医療機器・設備
受賞企業
日本精密測器株式会社 (群馬県)
受賞番号
06A11040
受賞概要
2006年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

当初パルスオキシメータは治療や手術の際の生体モニターを目的とし、高価な医療機器として商品化された。最近では酸素療法患者、喘息患者も在宅で使用する様になり、スポーツ用途等にも使われるようになった。更に幅広く使われる様に小型ローコストの普及型商品が求められてきた。今回の商品は普及型の商品として前記の要望を満たすだけでなく、使いやすさを追求することで慣れない人でも安心して使用出来る測定器として、更には受け入れやすいデザイン、カラーバリエーションを特長とする商品とした。小さな本体にもかかわらず表示にはバックライト、脈拍の強さがわかる脈拍強度バー表示、ブザーによる脈拍同期音を搭載した。

プロデューサー

日本精密測器株式会社 商品技術統括部 取締役 白井達郎

ディレクター

日本精密測器株式会社 ME技術部 R&Dグループ 課長 柴田喜晴

デザイナー

日本精密測器株式会社 ME技術部 R&Dグループ 課長 柴田喜晴

詳細情報

http://www.nissei-kk.co.jp/html/ox700html

開始日
2005年11月14日
価格

58,000円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

綺麗な光沢塗装をした交換可能な化粧パネルをデザインのアクセントとし、カラーバリエーション(3色)に対応する。医療機器と言いながら女性が多い看護士や介護士が使用することが多いので可愛い色使いとする。化粧パネル・電池蓋でケースの止めネジを覆い、金属レスの人に優しいデザインとする。電池蓋はスライドするだけで自動的に開く構造とし、小さな機器にありがちな電池交換の難しさを解決する。

デザインのポイント
1.医療器の堅さを和らげるハート模様の滑り止め、交換可能な化粧パネルによるカラーバリエーション。
2.ハート模様の滑り止め突起を表裏に設けた握りやすいデザイン。
3.手で握って使用する為、ケースの止めネジは化粧パネルと電池蓋で覆って金属レスイメージとする。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

携帯性が要求される普及タイプの指先クリップ型パルスオキシメータとして以下の事項に重点をおいた。小型で使いやすく、いつでも、どこでも、誰でも安定に、簡単に測定できる商品。そのためには安定測定及び指挿入がしやすい形状・構造。医療器という堅いイメージを払拭する圧迫感の無い優しいデザインとカラー及び操作方法を実現する事に取り組んだ。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

EUのRoHs指令に対応した製品開発を行なった。プラスチックケースには材料表示を施し、リサイクルしやすいようにした。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

小型機器は電池蓋取り付けが難しい為、電池蓋は開くだけで外れない構造とする。どのような条件でも使用してもらえるようにバックライト付のLCD表示とすること。(LED表示は昼間の屋外では見えない。バックライト無しLCDは暗い場所で見えない。)小さい機器でのスイッチ操作は難しく、操作しやすいスイッチを設けることも構造的に制約が多いので、測定方法は指を抜き差しするだけのオートOFF/ONとする。安定測定の為の指挿入部の滑り止めシリコンゴムクッションは上下につけると滑りが悪く指の挿入がしにくい為、上側だけとして指が挿入しやすい様配慮し、ホールドする構造を工夫することで安定測定を実現すること。

審査委員の評価

看護士や介護福祉士が患者や対象者に対して使用する状況やスポーツトレーナーなど、病院から機器を外に持ち出した時に、どのようなニーズがあって、商品はどうあらねばならないかをよく吟味しているところが評価された。説明書のいらないくらいの操作の簡単さや、指への抜き差しだけでON/OFFする機能など、またバックライトでの視認性確保や優れた小型携帯性など、高価な生体モニター機器から民生化へと大きく前進した商品である。

担当審査委員| 村田 智明   河原林 桂一郎   蓮見 孝   山村 真一  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ