GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2006

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
フラットファイル [フラットファイル クイックイン<紙製> No.4430, 4430-3]
部門/分類
商品デザイン部門 - 文具、オフィス雑貨・家具・設備
受賞企業
株式会社キングジム (東京都)
受賞番号
06A10032
受賞概要
2006年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

綴じ足にスプリングを採用し、クイックに書類の抜き差しができるフラットファイル。従来のフラットファイルは、綴じ足が倒れているため書類と、とじ具の抜き差しが非常に面倒であった。その負を解消したのが、とじ具を外すと自然に直立するスプリングとじ足。また、横にスライドさせて抜き差しするとじ具を採用しているので、クイックな書類の抜き差しを実現した。表紙は100%再生紙を使用。

プロデューサー

株式会社キングジム 一般文具開発本部 一般文具開発部 部長 横田 英人

ディレクター

株式会社キングジム 一般文具開発本部 一般文具開発部 デザイン設計課 デザイナー 戸田 直利

デザイナー

株式会社キングジム 一般文具開発本部 一般文具開発部 デザイン設計課 山田 奈弓、高橋 知里

詳細情報

http://www.kingjim.co.jp/

開始日
2006年8月9日
価格

100 ~ 300円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

紙の出し入れがスムーズ、とじ具はツーアクションの操作で簡単開閉操作!とじ具スライダー部に色をつけることで、操作部分の視認性をアップ。また表紙色はカラフルな選べる7色。スライダーと表紙色を同系色にそろえることで、統一感をだした。とじ具形状は、よりフラットに見えるように操作部以外は極力凹凸をおさえ、端面はエッジをなくすことで軽さをだした。

デザインのポイント
1.操作がわかりやすいように、操作説明をとじ具付近にレイアウト、印刷色は表紙色にきつくないグレーを採用
2.表紙ととじ具スライダー部を同系色にまとめることで、視認性をよく、全体の仕上がりをシンプルに仕上げた
3.スプリング先端は、先細り加工とすることで、紙を入れやすくした
使用者、社会等への取り組み

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

背表紙の針金を外すだけでスプリングが抜き取れるので、簡単に分別廃棄ができる。

審査委員の評価

フラットファイルに久々の新機構登場。寝癖が付いた樹脂や紙製の閉じ足を書類のパンチ穴に通すのは確かにやりにくかったし、それを閉じ具に通して留めるのも面倒だった。先細のスプリング製の閉じ足を採用することで、とじ具をはずすだけでまっすぐ立ち上がるので書類のパンチ穴が通しやすく、ワンタッチで閉じ具のなかに納まるという、シンプルな方法で鮮やかに解決している。

担当審査委員| 益田 文和   久保 雅義   船曳 鴻紅   森田 昌嗣  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ