GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2006

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
スクーター [VOX XF50]
部門/分類
商品デザイン部門 - 自転車、バイク
受賞企業
ヤマハ発動機株式会社 (静岡県)
受賞番号
06A08007
受賞概要
2006年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

シンプルかつモダンで何処か懐かしさのあるユニークなスタイリングと大容量収納スペースの具現化を照準に開発したモデルです。主な特徴は、1)ヤマハ50ccスクーター初のFIを採用した水冷4ストローク3バルブエンジンによる優れた環境性能と市街地での快適な走行性、2)開口部の広い横開き式シートと前後に長い大容量トランク、3)フラットなサイドカバー等を特徴とする個性的ボディ、4)存在感ある前後ファットタイヤ採用による優れた走行性、5)ライディングポジション自由度のあるロングシートと幅広パイプハンドル(フロントまわりの全てがハンドル操作に連動して可動)、6)キーシャッターによる盗難抑止機能、などです。

プロデューサー

ヤマハ発動機株式会社 MC事業本部 CV事業部 開発部 ボディ開発グループ プロジェクトリーダー 徳永良一

ディレクター

株式会社エルムデザイン マネージャー 田中 昭彦

デザイナー

株式会社エルムデザイン デザイナー 仲村 拓哉 

詳細情報

http://www.yamaha-motor.co.jp

開始日
2006年5月30日
価格

210,000円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

スクーター収納の常識「ヘルメットイン」を覆し、VOXは「ライフスタイルを入れ走る箱」をコンセプトに開発しました。箱という道具の機能性をシンボリックに表現し、クリーンかつモダンな面とシンプルな構造体でスタイリングを作り上げました。横開き式シートは、容量の大きさ、驚き、物の出し入れしやすさを実現し、名前の由来Variety Boxと共に、様々な人々のイメージの広がりを持つことを願ってデザインしました。

デザインのポイント
1.シンプルな構成で収納をシンボリックに表現した箱型スタイル。一見薄く見えるが快適なシート。
2.横開きの収納スペースは店舗でのディスプレイにも使え、停まっている時にも使う人の創造力をかきたてる。
3.車のようなナンバープレート取り付け部とテールランプ周り。ハンドルと一緒に動く新しいフロント周り。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

ヘルメット以外にも様々な物が入るようにした収納スペース。横開きにする事で出し入れ、アクセスが容易になった。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

社内環境方針に基づき、環境負荷物質の使用削減に取組み目標を達成している。また、リサイクル時への配慮としても、分解・分別を容易にする構造とし、樹脂部品への材質表示についても、可能な限り実施している。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

二輪車の市場縮小傾向に歯止めを掛けるために新規ユーザー獲得の為のスタイリング、広告イメージ戦略を提案した。

審査委員の評価

全体に破綻なく清楚にまとめられた形状は、市街地走行に適した生活の道具としてのあるべき姿を追求しており、奇をてらわないスタイルに好感が持てる。大きな開口部を持つ収納部は使い勝手もよくスクーターとしての機能を十分満足させている。なお、大きく評価を損なうものではないが、シート下のボディグリップは、もの入れのハッチを開閉するためのハンドルと誤認されるおそれがあり、アフォーダンス設計上のミスと考えられる。

担当審査委員| 山中 俊治   川島 蓉子   木村 徹   舘内 端  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ