GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2006

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
fu-ka [IP-503]
部門/分類
商品デザイン部門 - 家庭用家具、インテリア関連商品
受賞企業
有限会社イリス (北海道)
受賞番号
06A07020
受賞概要
2006年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

fu-kaは主にダイニングルーム用の照明器具とし使用するのに最適です。また、和風・洋風にかかわらずその部屋のイメージにマッチしやすい色調と質感を大切にしている。シェードは、北海道産材の樺の単板に和紙を張り合わせる特殊な加工を施し、軽量で光熱にも強く、かつ、自在に曲げることを可能にしたシートを使用。それをメビウスの環のようにつなぎ合わせてアルミの本体をシンプルな機構で組み合わせた。このシェードに光が透過すると木目の美しさとしなやかさが浮き出され、長くて寒い冬を暖かく彩る照明として、北国の生活を彩らせてくれる照明器具です。

プロデューサー

札幌発デザイン照明の開発プロジェクト

ディレクター

札幌市立高等専門学校 インダストリアルデザイン学科工業コース 助教授 森田敏昭 

デザイナー

札幌市立高等専門学校 インダストリアルデザイン学科工業コース 助教授 森田敏昭 

詳細情報

http://www.ld-iris.co.jp

開始日
2006年6月
価格

オープンプライス

問い合せ先

有限会社イリス
URL: http://www.ld-iris.co.jp

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

産学官連携プロジェクトによって、木単板を特殊な加工技術により「熱と曲げに強く割れにくいシート」を開発した。これを「メビウスの環」のように裏面と表面を結びつけ、北海道の透き通った風とそれに流れる雲をイメージさせる照明器具としてデザインした。北海道の大自然で育った素材と地域が育んだ技術を主張させながら、商品として求められる意匠性や量産性を意識したデザインに力を入れた。

デザインのポイント
1.薄い単板を柔らかく曲げることで軽さを強調し木の直線イメージと重量感を払拭した。
2.シェードをメビウスの環のように繋ぎ合わせることで、光のグラデーションが生まれ室内を豊かに演出する。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

シェードと本体をシンプルな機構にすることで、簡単に取り外しが可能になりメンテナンスが楽に行えるように配慮した。また、シェードに特殊な加工をしたことで、割れ・色あせ・汚れなどに強く仕上げた。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

シェードは木と和紙を特殊加工してあることから、耐久性に優れている。また、廃棄する場合についても、焼却が可能であり環境にもやさしい。

審査委員の評価

木(もく)を使ったライティングシェードは沢山あるが、シンプルで、シェードに光が透過する事により木目の美しさやしなやかさが強調され、自然のあたたかさが感じられる。また、特殊な加工技術を用いた事により熱や曲げに強い木製シートを開発した事も注目にあたいする。

担当審査委員| 田中 一雄   五十嵐 久枝   平野 哲行   間宮 吉彦  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ